【FGO】黒の陣営のアポクリファサーヴァント紹介

アポクリファコラボに登場するであろう、黒の陣営に属するサーヴァントを紹介。出典や元ネタも掲載しているので、「Fate/Apocrypha」の黒の陣営サーヴァントを知りたい方はご参照ください。

2018/04/27 18:54
最新更新情報
▼アポクリファコラボ関連情報はこちら▼
コラボイベント攻略情報 赤の陣営紹介
目次
セイバー
アーチャー
ランサー
ライダー
キャスター
アサシン
バーサーカー
ルーラー
※「Fate/Apocrypha」の黒の陣営に属するサーヴァントの真名バレがあります

セイバー(ジークフリート)

真名 ジークフリート
出典・元ネタ ニーベルンゲンの歌
FGO内というよりも、マスター界隈ではどうにもネタキャラとして扱われ気味の彼ですが、ドイツの英雄叙事詩「ニーベルンゲンの歌」の主人公であり、聖剣バルムンクを手に邪竜ファヴニールを打倒した"竜殺し"という凄い肩書の持ち主。

「Fate/Apocrypha」ではFGOの(普段ネタにされている)彼からは想像もつかないような壮絶な死闘を繰り広げるので、ジークフリートファンは要注目です。

マスターであるゴルドの関係者がFGOに登場?

ジークフリートのマスターは「ゴルド・ムジーク・ユグドミレニア」ですが、FGO第2部より、カルデアの新所長として登場している「ゴルドルフ・ムジーク」との関係性が一時話題に。

両者の関係性はストーリー内で明言されていませんが、"ゴルド"や"ムジーク"といった名前の繋がり、何よりも容姿が似ているため、血縁者ではないかと疑われています。

FGOでのジークフリート評価

ジークフリート 星4 ジークフリートセイバー
・竜特攻宝具持ち
┗S3による特攻・Bバフ込みで全サーヴァントトップの威力
・自身の弱体解除が可能

アーチャー(ケイローン)

真名 ケイローン
出典・元ネタ ギリシャ神話
FGOにはまだ登場していませんが、すでに登場している「ヘラクレス」や「イアソン」、立ち絵だけは公開された「アキレウス」の先生(師匠)に当たる存在です。

このように、生前英雄たちの先生をやっていたことに加え、「Fate/Apocrypha」内でも黒の陣営の参謀役、マスターを示唆する存在であったことから、ファンの間で「ケイローン先生」と称賛の意味を込めて呼ばれています。

ギリシャ神話関連では

ケイローンはギリシア神話に登場するケンタウロス族の賢者です。

ちなみに、「いて座」は「アルテミス」から狩猟を学んだケイローンが、弓を引いている姿と言われています。
FGOにケイローンが実装されたら、「アルテミス(オリオン)」の姿に突っ込むマイルーム限定会話がありそうですね。

マスターは概念礼装「陽だまりの中で」のイラスト

マスターである「フィオレ」は「陽だまりの中で」という概念礼装のイラストに抜擢されています。
装備者に回避を3回付与する効果は、性能的にケイローンと相性が良いのか注目です。

FGOでのケイローンの評価

2018年4月25日(水)時点では未実装。

ランサー(ヴラド三世)

真名 ヴラド三世
出典・元ネタ ドラキュラ
「Fate/Apocrypha」ではランサーのサーヴァントとして召喚されていますが、容姿は星4ランサーのようなゴツい感じではなく、星5バーサーカーのようなシュッとしたほうに似通っています。

創作のイメージに引っ張られて吸血鬼となる

「ヴラド三世」はワラキア公国の王であり、オスマン帝国の侵攻を何度も退けた大英雄。

しかし、「ヴラド三世」を有名たらしめたのは、ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場する吸血鬼のモデルでしょう。
吸血鬼ドラキュラという不名誉を聖杯で払拭するために、「ヴラド三世」は聖杯大戦に手を貸していきます。

マスターのダーニックは概念礼装「千年黄金樹」

※ダーニック・プレストーン・ユグドミレニア
マスターの「ダーニック」は「千年黄金樹」の絵柄としてFGOに登場しています。

この概念礼装の効果は、自身に最大HP上昇効果を毎ターン付与するというもの。
サーヴァントとそのマスターが描かれている概念礼装は相性が良いとよく言いますが、この効果はどちらのクラスの「ヴラド三世」ともしっくりこないようです。

FGOでのヴラド三世の評価

ヴラド三世(バーサーカー) 星5 ヴラド三世(バーサーカー)バーサーカー
・混成クエストでのAパアタッカー
・NP30%増加スキル持ち
・高確率で敵単体のチャージ減が可能
・攻防バフやガッツによりバサカにしては耐久性有り

ライダー(アストルフォ)

真名 アストルフォ
出典・元ネタ シャルルマーニュ伝説
FGOでは2015年のクリスマスイベント「ほぼ週間 サンタオルタさん」に顔見せで初登場。
その後約4ヶ月の期間を経て2016年3月にサーヴァントとして実装されました。
パラメーターは"幸運"を除いては比較的低水準と、自身も言うように「弱いサーヴァント」の部類に入ります。
しかし、聖杯大戦のようなチーム戦でのサポート役として見た場合は、生前に保有していた数種の宝具の使用により、高いレベルの強さを誇るようです。

シャルルマーニュ伝説では

「ヨーロッパの父」とも呼ばれた「シャルルマーニュ」に仕える十二勇士の一人

人一倍好奇心が強く、落ち着きが無い性質だったようで、よくトラブルに巻き込まれたり、起こしたり、解決したりと逸話が多め。
※カール1世、シャルル1世とも呼ばれる。
十二勇士の中では実力が中堅ぐらいですが、持ち前の強運から、たとえピンチになっても最終的には傷一つ負わず生還することが多い《幸運A+》ランクの持ち主。
ちなみに、Fateシリーズでは宝具に認定される武器を数多く保有し、数々の冒険譚を打ち立てましたが、ほとんどの品は彼の手元から離れていったという残念な話も。

FGOでのアストルフォの評価

アストルフォ 星4 アストルフォライダー
・NP50%増加スキル持ちで周回に便利。
・宝具で自身に回避3回を付与できる。
┗宝具を連発すれば無傷が続く
・自給自足のクリティカルアタッカーにも(不確定要素高い)

キャスター(アヴィケブロン)

真名 アヴィケブロン
出典・元ネタ 伝承
中世ヨーロッパのルネッサンスの起点となった哲学者の1人であり、「ゴーレム」を極めた魔術師
「Fate/Apocrypha」では兵士として使うゴーレムの生産に日々明け暮れ、自身が表舞台に立つことは稀でした。

第2部1章に参戦

他の「Fate/Apocrypha」のサーヴァントが続々とFGOに実装される中、3年目にしてやっとの登場。
第2部の1章であるアナスタシアのシナリオにて活躍しました。

マスターは概念礼装「叡智の光」のイラスト

マスターであるロシェ・フレイン・ユグドミレニアは「叡智の光」という概念礼装のイラストに抜擢。背後にはアヴィケブロンの姿も確認できます。

効果はArts性能とNP獲得量をアップするもので、カード構成にArtsが多いアヴィケブロンとは相性が良い礼装です。

FGOでのアヴィケブロンの評価

アヴィケブロン 星3 アヴィケブロンキャスター
・NP80%増加スキル持ち
・自身の退場時、味方全体に回数制の無敵付与
・保有カードの5/6をカバーする火力バフ(3T)

アサシン(ジャック・ザ・リッパー)

真名 ジャック・ザ・リッパー
出典・元ネタ 史実
マスターは「六導玲霞」。
黒の陣営唯一のユグドミレニアではない人間ですが、その理由は本編にて。

言わずと知れた殺人鬼、イギリス・ロンドンを恐怖に陥れた「切り裂きジャック」。
FGOでは第4章に敵性サーヴァントとして初登場。

その後は、所構わず解体しようとするけど、根は無垢な少女としてイベントにちょくちょく登場していますが、「Fate/Apocrypha」では敵性サーヴァントとしての気が強く現れています。

「柔らかな慈愛」のイラストはジャックのマスター

マスターの「六導玲霞」は、概念礼装「柔らかな慈愛」の絵柄に抜擢されています。
与HP回復量アップの効果を持つため、任意の味方のHPを回復させられるスキルを持つ「ジャック」とも合う礼装。

とは言え、「ジャック」にマッチしている礼装は「イマジナリ・アラウンド」などの火力アップ系
ベストマッチではないところが、また「六導玲霞」と「ジャック」の関係を表しているようです。

FGOでのジャック・ザ・リッパーの評価

ジャック・ザ・リッパー 星5 ジャック・ザ・リッパーアサシン
・女性特攻宝具持ち
・Q性能が全サーヴァント随一
┗低い星集中度を活かして星供給役にも
・強化解除が可能
・回避・短CTのHP回復スキルで耐久性良好

バーサーカー(フランケンシュタイン)

真名 フランケンシュタイン
出典・元ネタ 創作
イギリスの小説家メアリー・シェリーが執筆した「フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス」に登場する人造人間
FGOではアサシンと同じく、第4章にて初登場したサーヴァント。
ただし、こちらは敵性ではなく主人公と行動を共にする味方としてでした。

女性として創造されたフランケンシュタイン

様々な作品に登場するフランケンシュタインの容姿は、大抵大柄で不気味な男性ですが、Fate世界では女性型の人造人間の姿として描かれています。

それは、フランケンシュタインを創造したヴィクターがアダム(男性型)ではなく、イヴ(女性型)を先に作ったことによるもので、もしFate世界のヴィクターが小説通り男性型の人造人間を先に創造していたら、「Fate/Apocrypha」そしてFGOのフランケンシュタインも男性型になっていかもしれませんね。

マスター「カウレス」は概念礼装「最後の語り部」に

FGOでは概念礼装「最後の語り部」の絵柄にてマスターの「カウレス」が登場。
この概念礼装は、毎ターンNPを獲得&宝具威力がアップする効果を有しています。

高い宝具火力が特徴のフランケンシュタインに宝具威力アップは相性が良いのですがですが、打たれ弱いバーサーカーには毎ターンNPを増加する耐久型の効果は無駄になりがちなのが惜しいところ。

FGOでのフランケンシュタインの評価

フランケンシュタイン 星4 フランケンシュタインバーサーカー
・強力な全体攻撃宝具でクラス問わず大ダメージ
・自身のスキルにより、やけどを付与した後は敵のやけどを無効化する

ルーラー(ジャンヌ・ダルク)

真名 ジャンヌ・ダルク
出典・元ネタ 史実
ご存知、フランスの国民的ヒロイン「オルレアンの乙女」。
FGOでは初期サーヴァントの中で唯一のルーラーとして実装されました。

「Fate/Apocrypha」では、マスターが存在しない聖杯大戦の管理者として召喚。
FGOでは主人公一行の味方として行動を共にした彼女でしたが、基本的に中立の立場として参戦する「聖杯大戦」でどのように動くのか注目ポイントです。
※黒の陣営とは言えませんが、便宜的にこちらに掲載しています。

FGOでのジャンヌ・ダルクの評価

ジャンヌ・ダルク 星5 ジャンヌ・ダルクルーラー
・大半のクラスからの被ダメージを半減
・全体に無敵/HP回復/防バフ/弱体解除を付与する耐久支援
・サーヴァントに高確率でスタン状態付与
▼アポクリファコラボ関連情報はこちら▼
コラボイベント攻略情報 赤の陣営紹介

FGO攻略Wikiリンク

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

コメント

読み込み中です

    最新イベント情報

    ぐだぐだ明治維新
    虚月館殺人事件

    ランキング情報

    マスターミッション情報

    効率クエスト情報

    編集部ガチャ結果

    FGO初心者向け情報

    序盤の進め方関連
    バトルの基本・応用
    強化育成関連

    FGOサーヴァント一覧

    FGO概念礼装一覧

    魔術礼装一覧

    FGOストーリー攻略記事

    要注意クエスト攻略

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。