【FGO】北米神話大戦(5章)攻略まとめ|第5特異点

FGOの第5章北米神話大戦の攻略情報まとめ。FGO(Fate/Grand Order)のストーリー「第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム 鋼鉄の白衣」メインクエストの攻略情報を掲載していますので、第5章を進める際のご参考にしてください。

2018/06/04 20:05
最新更新情報
目次
北米神話大戦の基本情報
第1節「地に足を、星を見よ」
第2節「クリミアの天使」
第3節「星の欠片」
第4節「キング・オブ・プレジデント」
第5節「クール・ハンド・フローレンス」
第6節「ラーマは戦場へ行った」
第7節「ヤングガン」
第8節「マイ・フェア・レディ」
第9節「スタア誕生」
第10節「アンビヴァレンツ・ステイツ」
第11節「ザ・ロック」
第12節「戦士を憐れむ歌」
第13節「虹の彼方へ」
第14節「ランニングマン」
第15節「高き城の王」
第16節「エルロンド会議」
第17節「黒い戦争」
第18節「キリングフィールド」
第19節「北米神話大戦 序」
第20節「北米神話大戦 破」
第21節「北米神話大戦 急」
第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」
クリア後

北米神話大戦(5章)の基本攻略情報

北米神話大戦(5章)の概要

特異点第5特異点
主題北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム
副題鋼鉄の白衣
シナリオ数全22節
クリア後追加 星5 バーサーカー
星5 ライダー
星4 キャスター
星4 ランサー
※ネタバレ注意
新素材 血の涙石血の涙石
黒獣脂黒獣脂
精霊根精霊根
戦馬の幼角戦馬の幼角
配信日2016年3月30日

北米神話大戦(5章)のあらすじ

五度目の聖杯探索の舞台は1783年。
多数からなる一つを志し独立戦争の最中にある北アメリカ。
大国が生まれる以前、神話の神々の息吹の残る北米大陸で、
第五の聖杯を巡る戦いが今、始まる!

北米神話大戦(5章)の特徴

イ・プルーリバス・ウナム(北米)では、大半のクラスが満遍なく出現し、2種類以上のクラスが混成するクエストも数多く登場します。不利クラスで挑まなければ負けることは滅多にありませんが、戦闘が長引けば事故る可能性もあるので、クラス毎に異なるチャージ数や敵が使うスキルに注意しながら、優先討伐順を考慮して戦いましょう。

なお、北米では回避を使うボスが多く出現します。必中無敵貫通強化解除が可能なサーヴァント、概念礼装を用意しておくのがおすすめ。
また、第5章は以前の章と比べて敵のHPが極端に上昇しており、相手のクラスに合わせた編成が前以上に必要です。
色んな相手に対処できるよう、全てのクラスを満遍なく育成しておきましょう。

北米神話大戦(5章)第1節「地に足を、星を見よ」

第1節「地に足を、星を見よ」(1/2)

1/3 機械化歩兵(弓)
HP6,659
機械化歩兵(弓)
HP6,659
2/3機械化歩兵(弓)
HP11,667
機械化歩兵(弓)
HP11,667
3/3機械化歩兵(弓)
HP14,932
機械化歩兵(弓)
HP49,068
機械化歩兵(弓)
HP14,932
第5章はじめての戦闘。
相手はアーチャーのみの編成となっており、ランサーのサーヴァントで対処すると攻略が楽になります。

また、敵は必中効果を自身に付与するスキルを使ってくるため、回避スキルを持つランサーを編成するときは注意が必要です。

第1節「地に足を、星を見よ」(2/2)

※WAVE1~2スクショ忘れ
1/3 ケルト兵(剣)
HP6,133
ケルト兵(剣)
HP6,133
2/3ケルト兵(剣)
HP12,400
ケルト兵(剣)
HP12,400
3/3ケルト兵(剣)
HP16,356
ケルト兵(剣)
HP50,228
ケルト兵(剣)
HP16,356
敵の編成はセイバーのみなので、アーチャーのサーヴァントで戦うとよいでしょう。
HP5万超えの敵が1体いますが、有利クラスを編成していれば対処は容易。

北米神話大戦(5章)第2節「クリミアの天使」

この節から「ナイチンゲール」がサポートサーヴァントとして使えるようになります。
バーサーカークラスなので打たれ弱いのは他バーサーカーと同様ですが、スキルや宝具で味方のリカバリーと被ダメージ軽減をまかなえ、第2スキル《人体理解[A]》は北米に出現する大半の敵が対象の人型特攻/特防を自身に付与するので、随所で活躍します。

第2節「クリミアの天使」(1/4)

1/3 ケルト兵(槍)
HP6,968
ケルト兵(槍)
HP6,968
2/3ケルト兵(弓)
HP13,365
ケルト兵(弓)
HP13,365
3/3ケルト兵(槍)
HP16,518
ケルト兵(弓)
HP51,729
ケルト兵(弓)
HP15,870
アーチャーとランサーの混成クエスト。
アーチャーに有利で、ランサーに等倍で対処できるランサークラスのサーヴァントで対処するとよいでしょう。

第2節「クリミアの天使」(2/4)

1/3 ケルト兵(剣)
HP7,620
ケルト兵(弓)
HP8,215
2/3ケルト兵(槍)
HP14,683
ケルト兵(剣)
HP14,539
3/3ケルト兵(槍)
HP20,776
ケルト兵(剣)
HP20,574
ケルト兵(剣)
HP46,824
3騎クラスの混成クエストとになります。
セイバーのHPが高めに設定されているため、アーチャーを多めに編成して攻略するのがおすすめです。
もちろん混成相手に便利なバーサーカーでゴリ押しするのも有り。

第2節「クリミアの天使」(3/4)

1/1 ディルムッド(槍)
HP209,950
サーヴァントの「ディルムッド」が登場しますが、ランサークラス1体なので、セイバーで固めれば問題ありません。
1waveのみでNPを溜めづらいため、NPチャージ礼装を装備させておくと攻略が楽になります。

回避を使ってくる相手なので、対策として必中や無敵貫通礼装をアタッカーに装備させるとよいでしょう。
セイバークラスなら、全体宝具ですが「鈴鹿御前」が3ターンの必中、単体宝具持ちなら「宮本武蔵」が1ターンの無敵貫通や「フランケンシュタイン」が強化解除をそれぞれスキルで付与できます。

第2節「クリミアの天使」(4/4)

1/1 ディルムッド(槍)
HP121,550
フィン(槍)
HP138,350
進行度3で出現した「ディルムッド」と「フィン・マックール」が出現。
どちらもランサークラスなので進行度3と同様に、セイバーで固めるのが得策。

十分に育成したセイバーなら、フィンの全体攻撃宝具を受けても倒れることはないため、単体攻撃宝具のディルムッドから倒すのがおすすめです。
また、フィンは〔神性〕特性持ちなので、〔神性〕特攻を付与する概念礼装「ヴァーサス」や「フォンダン・オ・ショコラ」が有用。

北米(第5章)では、度々〔神性〕特性持ちのサーヴァントが出現するので、無敵貫通/必中礼装と同じく重宝する礼装です。

北米神話大戦(5章)第3節「星の欠片」

第3節「星の欠片」(1/2)

1/2 機械化歩兵(弓)
HP11,405
機械化歩兵(弓)
HP11,405
2/2機械化歩兵(弓)
HP21,720
機械化歩兵(弓)
HP21,720
機械化歩兵(弓)
HP50,930
敵はアーチャーのみなので、ランサーを編成して戦いましょう。
その他の雑魚戦と同様に有利クラスで固めれば、特に苦戦することもありません。

第3節「星の欠片」(2/2)

1/2 機械化歩兵(弓)
HP10,264
機械化歩兵(弓)
HP10,264
機械化歩兵(弓)
HP10,264
2/2機械化歩兵(弓)
HP19,005
機械化歩兵(弓)
HP56,527
機械化歩兵(弓)
HP19,005
進行度1と同様に相手はアーチャーのみの編成です。
前回と同じ編成で攻略できるため、ササッとクリアしましょう。

北米神話大戦(5章)第4節「キング・オブ・プレジデント」

第4節「キング・オブ・プレジデント」(1/2)

1/3 ケルト兵(剣)
HP6,453
ケルト兵(剣)
HP6,453
ケルト兵(剣)
HP6,453
2/3ケルト兵(槍)
HP10,503
ケルト兵(剣)
HP10,400
ケルト兵(剣)
HP10,400
3/3ケルト兵(槍)
HP18,354
ケルト兵(槍)
HP18,354
ケルト兵(剣)
HP37,760
セイバーとランサーの敵が出現。
相性上セイバーで固めた編成が安定しますが、敵にセイバーが多いためアーチャーを1騎は連れていくのがおすすめ。ランサーのHPは低いため、先にセイバーで倒しておけば安定して攻略できます。
なお、このクエストではナイチンゲールの他に、「エレナ・ブラヴァツキー」と「カルナ」をサポートに選択可能。
どちらもクエスト適性が高いとは言えませんが、使い勝手を知りたい場合は試してみるのも良いでしょう。

第4節「キング・オブ・プレジデント」(2/2)

1/2 機械化歩兵(弓)
HP9,074
機械化歩兵(弓)
HP9,074
機械化歩兵(弓)
HP9,074
2/2機械化歩兵(弓)
HP104,012
敵はアーチャークラスのみ出現するので、セイバーで固めるのが無難。
wave2にHPが10万を超える敵が出現するため、wave1でNPを溜めておくのがベスト。

北米神話大戦(5章)第5節「クール・ハンド・フローレンス」

第5節から新たに「ジェロニモ」がサポートで選択可能になります。

第5節「クール・ハンド・フローレンス」(1/2)

1/3 機械化歩兵(弓)
HP7,209
機械化歩兵(弓)
HP7,209
機械化歩兵(弓)
HP7,209
2/3機械化歩兵(弓)
HP10,615
機械化歩兵(弓)
HP15,527
機械化歩兵(弓)
HP16,329
3/3機械化歩兵(弓)
HP17,093
機械化歩兵(弓)
HP17,857
機械化歩兵(弓)
HP36,338
有利相性であるランサーで編成を揃えましょう。
変わった部分は特になく、ここで苦戦することはありません。

第5節「クール・ハンド・フローレンス」(2/2)

1/1 カルナ(槍)
HP166,611
ランサークラスの「カルナ」1騎だけしか出現しないので、セイバーで固めれば攻略は容易。
《貧者の見識 A》にて宝具封印される場合があるので、火力バフスキルの使用タイミングにだけ気をつければ良いでしょう。

また、カルナは神性持ちなので、概念礼装「ヴァーサス」や「フォンダン・オ・ショコラ」が、他神性持ちサーヴァント同様に効果的です。

北米神話大戦(5章)第6節「ラーマは戦場へ行った」

第6節「ラーマは戦場へ行った」(1/1)

1/3 ワイバーン(騎)
HP7,571
ワイバーン(騎)
HP7,571
ワイバーン(騎)
HP7,571
2/3ワイバーンドレッド(騎)
HP11,730
ワイバーン(騎)
HP9,895
ワイバーン(騎)
HP9,895
3/3ワイバーン(騎)
HP11,356
ワイバーンドレッド(騎)
HP17,367
ワイバーンドレッド(騎)
HP41,151
敵はライダーのワイバーンのみ。
基本に忠実にアサシンオンリー編成で攻略しましょう。

北米神話大戦(5章)第7節「ヤングガン」

第7節「ヤングガン」(1/3)

1/2 ワイバーン(騎)
HP12,998
ケルト兵(剣)
HP11,384
2/2ケルト兵(剣)
HP27,765
ワイバーンドレッド(騎)
HP50,648
ケルト兵(剣)
HP27,765
セイバーとライダーの混成相手。
両方のクラスに対処できるように有利なサーヴァントをバランスよく編成しましょう。
敵のHPは低いのでバーサーカーでゴリ押しするのも有り。

第7節「ヤングガン」(2/3)

1/3 ケルト兵(弓)
HP8,817
ケルト兵(槍)
HP9,177
ケルト兵(弓)
HP8,817
2/3ケルト兵(剣)
HP14,230
ケルト兵(弓)
HP13,807
ケルト兵(弓)
HP13,807
3/3ケルト兵(槍)
HP35,929
ケルト兵(槍)
HP17,733
ケルト兵(弓)
HP17,038
敵は3騎クラスの混成クエストですが、セイバーは1体のみなので、他の2クラスに対して有利なサーヴァントを編成するのがおすすめ。

他クエスト同様に、単純にバーサーカーでも突破は可能です。

第7節「ヤングガン」(3/3)

1/2 ケルト兵(剣)
HP9,087
ケルト兵(剣)
HP9,087
ケルト兵(剣)
HP9,087
2/2ソウルイーター(殺)
HP203,422
2waveに出現する「ソウルイーター」はチャージが短いだけでなく、チャージ攻撃で1ターンの回避を自身に付与するので、チャージ攻撃まで粘られると必然的に1ターン余計に掛かることに。

HP20万を一から削り切るのは大変なので、1waveでNPを溜めてソウルイーターのチャージが溜まる前に、宝具で倒してしまいましょう。なお、確率ですが宝具封印を付与する《音絶つ咆哮》を使用することもあるので、火力バフスキルのタイミングなどには注意。

ちなみに、ソウルイーターからは新素材「黒獣脂黒獣脂」がドロップ。

北米神話大戦(5章)第8節「マイ・フェア・レディ」

第8節から新たに「ビリー・ザ・キッド」「ロビンフッド」、さらに進行度3からは「エリザベート」もサポートで選択可能に。

第8節「マイ・フェア・レディ」(1/3)

1/2 ケルト兵(槍)
HP9,628
ケルト兵(槍)
HP9,628
2/2ケルト兵(槍)
HP37,284
ケルト兵(槍)
HP14,976
ケルト兵(槍)
HP14,976
敵はランサーのみなので、セイバーで固めた編成が攻略しやすいです。
ここも敵のHPはたいして高くないため、突破は容易です。

第8節「マイ・フェア・レディ」(2/3)

1/3 ケルト兵(剣)
HP9,533
ワイバーン(騎)
HP10,159
2/3ケルト兵(剣)
HP10,215
ワイバーンドレッド(騎)
HP13,264
3/3ケルト兵(剣)
HP18,167
ワイバーンドレッド(騎)
HP38,798
ケルト兵(剣)
HP11,435
第7節の進行度1に続き、セイバーとライダーの混成クエスト。
以前同様のパーティでクリアは可能ですが、ワイバーンの方がケルト兵よりHPが高めに設定されているため、アサシンを多めに編成したほうが良いでしょう。

第8節「マイ・フェア・レディ」(3/3)

1/3 ウェアウルフ(剣)
HP8,052
ウェアウルフ(剣)
HP8,052
2/3ウェアウルフ(殺)
HP10,233
ウェアウルフ(殺)
HP10,233
ウェアウルフ(剣)
HP10,340
3/3ウェアジャガー(剣)
HP15,245
ウェアジャガー(剣)
HP40,391
ウェアジャガー(剣)
HP15,245
セイバーとアサシンの混成ですが、アサシン2体のHPは低いのでアーチャーだけで攻略できるでしょう。
もしくは全体的にHPが低めなのでバーサーカーでのゴリ押しも有り(3waveのHP4万に注意)

北米神話大戦(5章)第9節「スタア誕生」

第9節からは「ネロ・クラウディウス〔ブライド〕」をサポートに。

第9節「スタア誕生」(1/1)

1/2 ケルト兵(剣)
HP4,133
ケルト兵(剣)
HP4,133
ケルト兵(剣)
HP4,133
ケルト兵(剣)
HP6,933
ケルト兵(剣)
HP6,933
ケルト兵(剣)
HP7,269
ケルト兵(剣)
HP7,589
ケルト兵(剣)
HP7,589
ケルト兵(剣)
HP9,887
2/2フェルグス(剣)
HP202,048
wave1は計9体の連続バトルですが、高HPのエネミーが出るわけではないので安心です。
問題はwave2のサーヴァント「フェルグス」。

対フェルグス戦攻略

幸いにも本クエストは全てセイバーのみのためパーティを組みやすく、1waveでNPを溜める時間がたっぷりあるので苦戦することはないと思います。

とは言え、防御力アップの《反骨の相 B》や回避の《心眼(真) A》を使用されれば、攻略に時間がかかり、その分事故る可能性が高くなるでしょう。

大ダメージを与えられる、男性特攻を持つ「エウリュアレ」や「オリオン」をアタッカーに起用して、それらに無敵貫通や必中効果の礼装を装備させるのがおすすめです。

北米神話大戦(5章)第10節「アンビヴァレンツ・ステイツ」

第10節「アンビヴァレンツ・ステイツ」(1/3)

1/3 ゴースト(殺)
HP8,002
ゴースト(殺)
HP8,002
2/3黎明の剛腕(殺)
HP11,968
ゴースト(殺)
HP11,370
黎明の剛腕(殺)
HP11,968
3/3黎明の神腕(殺)
HP46,163
エンシェントゴースト(殺)
HP54,023
黎明の神腕(殺)
HP46,163
敵はアサシンで統一されているため、キャスターで固めた編成がおすすめです。
wave3の敵が全体的にHPが高いため、それまでにNPを溜めて開幕に宝具を展開してしまうのがベスト。

第10節「アンビヴァレンツ・ステイツ」(2/3)

1/3 スケルトン(剣)
HP6,360
スケルトン(剣)
HP6,360
2/3ゾンビ(狂)
HP10,999
ゾンビ(弓)
HP11,977
3/3ゲイザー(弓)
HP211,860
初出現の「ゲイザー」は「血の涙石血の涙石」をドロップする、悪魔や魔性特性のエネミー。

HPが高めのゲイザーに有利なランサーを中心にしたいところですが、1waveには不利なセイバーが出現。
アーチャーもしくはバーサーカーを1騎でも編成しておき、1waveはランサーがダメージを負う前に突破しましょう。

なお、肝心のゲイザーは必中(3回・3T)を付与する《観察》を使用します。
チャージ攻撃の威力は低めですが、もちろん回避では無効化できないので、チャージが溜まる前に倒すことを心がけましょう。

第10節「アンビヴァレンツ・ステイツ」(3/3)

1/3 ケルト兵(槍)
HP9,177
2/3ケルト兵(槍)
HP14,674
ケルト兵(槍)
HP14,674
3/3ケルト兵(弓)
HP35,823
ケルト兵(弓)
HP35,823
アーチャーとランサーの混成クエストです。
クラス相性で考えると、ランサーを連れていくことをおすすめします。
敵の数も少なく、HPも大して高くないためクリアは容易でしょう。

北米神話大戦(5章)第11節「ザ・ロック」

第11節「ザ・ロック」(1/4)

1/3 ワイバーン(騎)
HP7,062
ワイバーン(騎)
HP7,062
2/3 ワイバーンドレッド(騎)
HP15,037
ケルト兵(弓)
HP13,430
ケルト兵(弓)
HP13,430
3/3 ワイバーンエビル(騎)
HP54,068
ドルイド(術)
HP22,718
混成編成ですがライダーの割合が多いので、アサシンを多めに選出するのがおすすめです。
ただし、対キャスター用のサーヴァントを単騎は用意しておきましょう。

第11節「ザ・ロック」(2/4)

1/3 ワイバーン(騎)
HP7,242
ワイバーン(騎)
HP7,242
2/3 ワイバーン(騎)
HP10,638
ワイバーンドレッド(騎)
HP15,948
3/3 ワイバーンドレッド(騎)
HP19,852
ワイバーンエビル(騎)
HP54,068
ワイバーンドレッド(騎)
HP19,852
敵のクラスはライダー統一。
有利なアサシンオンリー編成でいけば、苦戦することなく攻略できます。

第11節「ザ・ロック」(3/4)

1/1 ベオウルフ(狂)
HP158,175
グレートドラゴン(騎)
HP92,743
全体攻撃のグレートドラゴンのほうが厄介に思えますが、アサシンを編成しダメージを半減出来るならば、バーサーカーであるベオウルフの通常攻撃によるダメージを注意すべき。

ベオウルフは男性、地、サーヴァント、人型、愛する者、王特性を持つので、それらの特攻を持つサーヴァントで早めに倒してしまいましょう。なおベオウルフの宝具は必中攻撃なので、回避は危険です。

第11節「ザ・ロック」(4/4)

1/1 ベオウルフ(狂)
HP303,080
前出したベオウルフが今度は単騎で登場。
ベオウルフはクリティカル発生率アップの《直感》を使用するため、バーサーカーにしてはクリティカル発生率が高めですが、その状態で《ベルセルク 》にて火力バフを付与されると、クリティカル一撃で退場する危険性も。

そのため、高火力編成で短期決戦に挑む、又は強化解除や防御バフをもつサーヴァントを編成してダメージを抑えられるように対策するのがおすすめ。
ただし、生半可な耐久策ではそれを越えられてしまうため、高火力の短期決戦狙いのほうが無難です。

北米神話大戦(5章)第12節「戦士を憐れむ歌」

第12節「戦士を憐れむ歌」(1/5)

1/2 ケルト兵(剣)
HP10,215
ケルト兵(槍)
HP11,426
2/2 ケルト兵(槍)
HP41,679
ケルト兵(槍)
HP41,679
相手の出現数は4体と少なく、特に敵セイバーはHPも少ないため大した驚異ではありません。
こちらはランサーに有利なセイバーのオンリー編成で問題ないでしょう。

第12節「戦士を憐れむ歌」(2/5)

1/2 ケルト兵(剣)
HP10,687
ケルト兵(剣)
HP10,687
ケルト兵(剣)
HP10,687
2/2 ケルト兵(剣)
HP22,150
ドルイド(術)
HP21,493
ドルイド(術)
HP49,276
セイバーとキャスターの敵が出現しますが、セイバーのHPは多くて2万強なので、2waveのドルイド対策にライダー多め編成で挑むのが良いでしょう。

第12節「戦士を憐れむ歌」(3/5)

1/3 ケルト兵(槍)
HP8,622
ケルト兵(槍)
HP8,622
ケルト兵(槍)
HP8,622
2/3 ケルト兵(槍)
HP14,029
ドルイド(術)
HP13,479
ケルト兵(槍)
HP14,029
3/3 ケルト兵長(槍)
HP44,912
ドルイド(術)
HP16,717
ドルイド(術)
HP16,717
敵クラスの割合的にセイバー2騎、ライダー1騎の編成がおすすめです。
混成相手なのでバーサーカーを使うのも良いでしょう。

第12節「戦士を憐れむ歌」(4/5)

1/3 ゴブリン(剣)
HP7,569
ゴブリン(剣)
HP7,569
2/3 ゴブリン(槍)
HP11,404
ゴブリン(剣)
HP11,292
ゴブリン(剣)
HP11,292
3/3 ゴブリン(槍)
HP19,424
ゴブリン(槍)
HP44,301
ゴブリン(槍)
HP19,424
セイバーとランサーの混成クエストですが、ランサーのほうが若干HPが高いので、セイバー中心が攻略にはおすすめ。

第12節「戦士を憐れむ歌」(5/5)

1/3ケルト兵(槍)
HP7,664
ケルト兵(槍)
HP7,664
2/3ケルト兵(槍)
HP10,982
ケルト兵(槍)
HP10,982
ケルト兵(槍)
HP10,982
3/3ディルムッド(槍)
HP114,920
フィン(槍)
HP129,667
3waveに第2節に登場したフィンディルムッドが再度出現。
雑魚敵も含め相手はランサーしかいないので、セイバーで固めた第2節と同様の立ち回りでクリア可能です。

前回と違いサポートにセイバークラスの「ラーマ」がいるため、使ってみるのもよいでしょう。

北米神話大戦(5章)第13節「虹の彼方へ」

第13節「虹の彼方へ」(1/5)

1/2ケルト兵(剣)
HP10,087
ケルト兵(剣)
HP10,087
2/2ケルト兵(槍)
HP20,188
ケルト兵(剣)
HP52,504
ケルト兵(槍)
HP20,188
セイバーとランサーの混成編成が相手です。
セイバーで固めるのが基本ですが、、高HPのセイバーがいるためアーチャーを1騎以上は連れていきたいところ。

第13節「虹の彼方へ」(2/5)

1/3ワイバーン(騎)
HP8,158
ケルト兵(剣)
HP6,920
ケルト兵(弓)
HP6,715
2/3ケルト兵(弓)
HP10,979
ワイバーンドレッド(騎)
HP12,069
ケルト兵(弓)
HP10,979
3/3ワイバーンドレッド(騎)
HP45,264
ワイバーンドレッド(騎)
HP20,262
ケルト兵(弓)
HP15,902
3セイバーの敵は1体のみでHPも低いため対策は特に必要ありません。
ワイバーンが多く出現するため有利なアサシンを多めに選出し、ケルト兵(アーチャー)用にランサーを1騎以上連れていきましょう。

第13節「虹の彼方へ」(3/5)

1/3ワイバーン(騎)
HP8,163
ワイバーン(騎)
HP8,163
ワイバーンドレッド(騎)
HP9,113
2/3ストーンゴーレム(狂)
HP11,399
ワイバーンエビル(騎)
HP22,481
ストーンゴーレム(狂)
HP11,399
3/3キメラ(狂)
HP96,770
クラス相性的にアサシン中心編成になりますが、3waveのキメラが危険です。
2waveまでにNPを溜めて早めに倒すようにしましょう。
バーサーカー(キメラやゴーレム)に苦戦するようなら、被ダメージが半減になるフォーリナーを起用するのも一つの手。

第13節「虹の彼方へ」(4/5)

1/3ウェアジャガー(剣)
HP7,009
ウェアジャガー(剣)
HP7,009
ウェアジャガー(剣)
HP7,009
2/3ウェアジャガー(剣)
HP14,987
ウェアジャガー(剣)
HP14,987
ウェアジャガー(殺)
HP14,097
3/3ウェアジャガー(殺)
HP21,589
ウェアジャガー(殺)
HP46,466
ウェアジャガー(殺)
HP21,589
セイバーは4体いますが、HPは多くても1.5万なので有利クラスでなくても攻略は可能。
アサシンに有利なキャスター中心に攻めましょう。

第13節「虹の彼方へ」(5/5)

1/1李書文(槍)
HP212,680

対李書文攻略

ランサーの「李書文」単騎が相手です。

ランサー単体なので相性の良いセイバーなら、そう苦戦することなく攻略できますが、頻発する威力の高いクリティカル攻撃、スキルによる回避、極めつけは即死効果のある宝具と気を抜いていると被ダメージ半減状態でも倒されかねません

カレイドスコープ」などのNPチャージ系礼装を装備して宝具を即座に撃って短期決戦か、無敵貫通や必中礼装を装備して防御策を無視しながら戦いましょう。

北米神話大戦(5章)第14節「ランニングマン」

第14節「ランニングマン」(1/2)

1/3ケルト兵(槍)
HP9,177
ケルト兵(槍)
HP9,177
ケルト兵(弓)
HP8,817
2/3ケルト兵(槍)
HP13,696
ドルイド(術)
HP13,158
ドルイド(術)
HP13,158
3/3ケルト兵(剣)
HP32,061
ドルイド(術)
HP37,484
ケルト兵(弓)
HP31,107
4クラスの混成クエストですが、全体的にHPは低い傾向にあります。
3waveは若干高めですが、不利クラスでなければ等倍でもゴリ押しできるでしょう。

第14節「ランニングマン」(2/2)

1/2ドルイド(術)
HP9,399
ドルイド(術)
HP9,399
ドルイド(術)
HP9,399
2/2バイコーン(槍)
HP213,259
2waveに初出現した「バイコーン」は「戦馬の幼角戦馬の幼角」をドロップする猛獣・魔性特性のエネミー。

1waveのキャスターは低HPのため気にする必要はないので、2waveのバイコーン(ランサー)に有利なセイバーを編成していきましょう。
バイコーンは味方単体のQuick性能を下げる《パニックステップ》を使ってくるため、Quick宝具のセイバーである「沖田総司」や「カエサル」などは相性が悪め。
アタッカーにはBusterArts中心のセイバーがおすすめです。

北米神話大戦(5章)第15節「高き城の王」

第15節「高き城の王」(1/3)

1/3機械化歩兵(弓)
HP7,961
機械化歩兵(弓)
HP7,961
機械化歩兵(弓)
HP7,961
2/3機械化歩兵(弓)
HP21,738
機械化歩兵(弓)
HP21,738
機械化歩兵(弓)
HP21,738
3/3機械化歩兵(弓)
HP118,871
敵のクラスはアーチャーのみのため、ランサーで容易に突破が可能。
3waveにはHP11万超えの「機械歩兵」が登場しますが、他の歩兵と変わらないのでwave1~2でNPを溜めておけば攻略は容易です。

第15節「高き城の王」(2/3)

1/1カルナ(槍)
HP215,572
第5節に出現した「カルナ」が登場。

出現するのはランサー1騎だけなので、セイバーで固めれば問題ありません。
前回同様神性特攻で攻めるのがおすすめです。

第15節「高き城の王」(3/3)

1/1カルナ(槍)
HP154,080
トーマス・エジソン(術)
HP107,100
ブラヴァツキー(術)
HP102,806
サーヴァント3騎との戦いです。
全体攻撃宝具で一掃できるのなら何も問題はありませんが、闇雲に挑むと総崩れになるので、1騎ずつ倒していく場合は討伐順を間違えないようにしましょう。

エレナを最優先に倒そう

最優先で倒すべきはエレナです。
エレナのスキル《魔力同調》を使われると、敵の宝具展開タイミングが早まってしまうので、それを阻止する必要があります。

この際、カルナの全体宝具は展開されるを許容して、スタメンは対エレナ・エジソンに特化したライダー編成、控えには対カルナ要員のセイバー(前進行度と同じ)を編成しましょう。

一気に全体宝具で倒すのも有り

エレナとエジソンは人属性サーヴァントなので、「葛飾北斎」の特攻宝具対象です。
カルナに対しては相性等倍のために火力不足が懸念されますが、高めの回転率による宝具の連発で補えます。

バーサーカーよりも打たれ強いので、全体攻撃宝具で挑む場合は葛飾北斎も選択肢に入ります。

北米神話大戦(5章)第16節「エルロンド会議」

第16節「エルロンド会議」(1/3)

1/3ケルト兵(剣)
HP9,087
ケルト兵(剣)
HP9,087
ドルイド(術)
HP8,817
2/3ストーンゴーレム(狂)
HP17,060
ストーンゴーレム(狂)
HP17,060
ドルイド(術)
HP14,389
3/3ウェアジャガー(剣)
HP20,866
ウェアジャガー(剣)
HP20,866
ワイバーンドレッド(騎)
HP44,317
4クラスの混成クエストですが、気をつけたいのはセイバーとライダー。
2クラスに有利なアーチャーとアサシンを中心に編成しましょう。

第16節「エルロンド会議」(2/3)

1/3海賊ゾンビ(剣)
HP9,687
海賊ゾンビ(剣)
HP9,687
海賊ゾンビ(剣)
HP9,687
2/3海賊ゾンビ(剣)
HP14,961
海賊ゾンビ(弓)
HP14,516
海賊ゾンビ(弓)
HP14,516
3/3海賊ゾンビ(狂)
HP21,576
海賊ゾンビ(狂)
HP21,576
海賊ゾンビ(弓)
HP54,052
セイバーに有利でアーチャーに等倍の、アーチャーで固めるのが無難。
海賊ゾンビは人属性なので、葛飾北斎の人特攻宝具の連発を狙うのも有り。

第16節「エルロンド会議」(3/3)

1/1スカサハ(槍)
HP168,460

対スカサハ戦攻略

スカサハ1騎のみなので、有利なセイバークラスを編成して攻略しましょう。

スカサハの単体攻撃宝具は単純な大ダメージだけでなく、スタン付与や確率で即死もあると驚異的ですが、チャージを早めるスキルもないので展開される前に倒せば問題ありません。

回避に手間取っていると宝具を展開されてしまうので、必中/無敵貫通の礼装を装備して戦いましょう。

北米神話大戦(5章)第17節「黒い戦争」

第17節「黒い戦争」(1/2)

1/3ケルト兵(剣)
HP10,875
ケルト兵(剣)
HP10,875
2/3ストーンゴーレム(狂)
HP18,632
ドルイド(術)
HP19,962
3/3ワイバーンドレッド(騎)
HP43,368
ワイバーンドレッド(騎)
HP27,524
ドルイド(術)
HP17,243
4クラスの混成クエストですが、HPが高めのライダー・キャスターに注視して相性不利にならないライダー多め編成で攻略しましょう。ただし、等倍で戦うにはワイバーン(ライダー)のHPは高めなので、保険として控えにアサシンを編成しておくのがベター。

1waveのセイバーはHPが低いので、等倍相性でも容易に突破できるでしょう。

第17節「黒い戦争」(2/2)

1/3ワイバーン(騎)
HP9,098
ワイバーン(騎)
HP9,098
2/3ワイバーン(騎)
HP13,045
ワイバーン(騎)
HP13,045
ワイバーンドレッド(騎)
HP16,896
3/3ワイバーンドレッド(騎)
HP24,771
ワイバーンドレッド(騎)
HP24,771
ワイバーンドレッド(騎)
HP44,317
敵はワイバーン(ライダー)のみなので、有利なアサシンのサーヴァントで挑めば簡単に攻略することができるでしょう。

北米神話大戦(5章)第18節「キリングフィールド」

第18節「キリングフィールド」(1/4)

1/3ケルト兵(槍)
HP10,186
ケルト兵(槍)
HP10,186
ストーンゴーレム(狂)
HP14,563
2/3ケルト兵(槍)
HP20,776
ドルイド(術)
HP19,962
ドルイド(術)
HP19,962
3/3ストーンゴーレム(狂)
HP46,496
ストーンゴーレム(狂)
HP18,129
ドルイド(術)
HP15,087
敵はランサー、キャスター、バーサーカーの3種が登場。
ケルト兵(ランサー)のHPがドルイド(キャスター)に比べると低めなので、ライダー中心編成がおすすめです。

第18節「キリングフィールド」(2/4)

1/2ワイバーンドレッド(騎)
HP12,746
ワイバーンドレッド(騎)
HP12,746
ワイバーンドレッド(騎)
HP50,985
2/2ワイバーンエビル(騎)
HP29,491
ワイバーンエビル(騎)
HP69,069
ワイバーンエビル(騎)
HP29,491
ワイバーン(ライダー)が複数登場します。
セオリー通りアサシンで固めた編成で攻略しましょう。

第18節「キリングフィールド」(3/4)

1/3ストーンゴーレム(狂)
HP9,119
ストーンゴーレム(狂)
HP9,119
ドルイド(術)
HP12,218
2/3ワイバーン(騎)
HP16,022
ワイバーン(騎)
HP16,022
ドルイド(術)
HP17,627
3/3キメラ(狂)
HP101,822
ライダー中心且つ、3wave用に単体宝具持ちは1騎編成しておきましょう。
ライダーオンリーでいくのなら1waveはゴーレム、2waveはワイバーンから先に倒して、被弾しても痛くないキャスターを残しながらNPを溜めるのがおすすめ。
キメラをクリティカルで突破していくのなら、2waveの段階でスターを稼いでおくのが良いでしょう。

第18節「キリングフィールド」(4/4)

1/2ワイバーン(騎)
HP14,794
ワイバーン(騎)
HP14,794
ワイバーン(騎)
HP14,794
2/2ドラゴン(騎)
HP140,037
2waveのドラゴンは通常攻撃が全体攻撃のライダー。
サポートのアタッカーをターゲット集中で守る戦略はできなくなるので、防御系スキルを持つサーヴァントを選びましょう。

北米神話大戦(5章)第19節「北米神話大戦 序」

第19節「北米神話大戦 序」(1/2)

1/1クー・フーリン・オルタ(狂)
HP224,992
クー・フーリン・オルタは、第5章の北米で出現しているフィンやカルナ同様、〔神性〕特性持ちなので、神性への特攻状態が付与される「ヴァーサス」や「フォンダン・オ・ショコラ〕はとても効果的な概念礼装です。

回避は使わない

クー・フーリン・オルタと言えば、バーサーカーらしからぬ耐久性能ですが、第19節に出現するクー・フーリン・オルタは《矢避けの加護》や《戦闘続行》を使用しません
回数制の回避に悩ませることがないので、必中や無敵貫通礼装は装備させずに、アタッカーに合わせた火力バフ礼装を装備させましょう。

特攻を狙おう

クー・フーリン・オルタは地、男、サーヴァント、神性、愛する者特性です。
これらの特攻を狙える中でおすすめなのは、神性特攻持ちの「スカサハ」や男性特攻持ちの「エウリュアレ」。

スカサハは高倍率の神性特攻スキルを持ち、宝具やクリティカルの二面で大ダメージを狙えます。

エウリュアレも特攻で大ダメージを狙えるポテンシャルを持ちますが、特筆すべきは魅了手段を2つ持つこと。
バーサーカーは素殴りが単純に驚異ですが、攻撃されなければ問題ありません。
エウリュアレ以外にも行動妨害役を編成すれば、一度も攻撃されずにクー・フーリン・オルタ戦を攻略することもできるでしょう。

第19節「北米神話大戦 序」(2/2)

1/1アルジュナ(弓)
HP279,144
アルジュナもカルナと同じく、〔神性〕特性持ちなので概念礼装「ヴァーサス」や「フォンダン・オ・ショコラ」が効果的。

この戦闘で気をつけたいのは、アルジュナの宝具【破壊神の手翳】
ただでさえアーチャーで宝具スパンが短いのに、チャージを加速させるスキル《授かりの英雄 A》を使用してくるので、このクエストだけで宝具を複数回展開される可能性があります。

即死効果にも注意

ダメージだけならまだしも確率で〔即死〕を付与、さらに〔神性〕特性サーヴァントは通常よりも高い確率で〔即死〕に至ります。相性が良いランサーには〔神性〕持ちが多くいるので、それらを起用していると総崩れになる可能性も。

即死耐性を上げる概念礼装「老成の翁」もありますが、確実に防げるわけではないので、少しでも火力を上げ、宝具を展開される前に倒すという先手必勝パターンが有効でしょう。

北米神話大戦(5章)第20節「北米神話大戦 破」

第20節「北米神話大戦 破」(1/2)

1/3ウェアジャガー(剣)
HP8,246
ウェアジャガー(剣)
HP8,246
ワイバーンドレッド(騎)
HP9,655
2/3ワイバーンドレッド(騎)
HP10,197
ワイバーンドレッド(騎)
HP10,197
ウェアジャガー(剣)
HP13,625
3/3ワイバーンエビル(騎)
HP49,153
ウェアジャガー(剣)
HP19,247
ウェアジャガー(剣)
HP19,247
セイバー・ライダーの混成クエスト。
セイバーのほうが出現数が多いですが、ボスがライダーなのでアサシン×2、アーチャー×1編成がおすすめです。

第20節「北米神話大戦 破」(2/2)

シャドウサーヴァント」が2体出現。
どちらもバーサーカーなので、被ダメージがどうしても高くなりがち。

宝具の連発などで早々と攻略しない限り、じわじわとダメージが蓄積されて退場する可能性があるので、アタッカー一辺倒ではなく、防御力アップをばらまけるサポーターもいると安心。
マシュは防御力アップだけでなく単体に無敵を付与でき、さらにバーサーカーからの攻撃を等倍で受け流せるのでサポーターとして最適です。

もしくは、バーサーカーに唯一有利なフォーリナーがいると戦いやすいです。

北米神話大戦(5章)第21節「北米神話大戦 急」

第21節「北米神話大戦 急」(1/3)

1/3シャドウサーヴァント(槍)
HP24,449
シャドウサーヴァント(狂)
HP23,370
2/3ホワイトキメラ(狂)
HP94,339
3/3ドラゴン(騎)
HP149,568
焦点を合わせるべきは最後の敵であるドラゴンなので、アサシンを多めに編成するとよいでしょう。
ランサーのシャドウサーヴァントが1体いるため、その対策にセイバーを1騎編成しましょう。

第21節「北米神話大戦 急」(2/3)

1/1スプリガン(剣)
HP303,329
初出現のスプリガンは「精霊根精霊根」をドロップするエネミー。

クリティカルの発生頻度が高く、《守護者の闘気》にてその威力と発生率をさらにアップするので、攻撃を受ける回数を最小限に早めに攻略したい相手です。

第21節「北米神話大戦 急」(3/3)

1/1クー・フーリン・オルタ(狂)
HP112,855
メイヴ(騎)
HP213,233

クー・フーリン・オルタを先に倒そう

両者生存時はクー・フーリン・オルタが1回、メイヴが2回行動を行います。
メイヴを先に倒してしまうと、通常攻撃が手痛いクー・フーリン・オルタの行動回数が増えてしまうので、メイヴは後回しにするのがおすすめ。

メイヴのチャージスキルに注意

メイヴは自身のチャージを+1する《黄金律(体) A》を使用します。
チャージが溜まっていないターン時でも、《黄金律(体) A》でチャージ増加→宝具展開の流れになることもあるので、メイヴのチャージが4の時は注意が必要。

あと1つでチャージがMAXになるターンは、宝具封印やスタンなどで行動を妨害したり、チャージ減少で一手遅らせましょう。
その間に倒せれば御の字、宝具が展開されるとしても単体宝具なのでターゲット集中で攻撃の矛先を固定すれば、アタッカーを完全に守れます。

北米神話大戦(5章)第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」

第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」(1/4)

1/1クー・フーリン・オルタ(狂)
HP265,549
単体のクー・フーリン・オルタが相手。
HPは増えていますが、第19節の時と同様の戦い方で攻略が可能です。

第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」(2/4)

1/1クー・フーリン・オルタ(狂)
HP301,063
引き続きクー・フーリン・オルタとの戦闘。

この戦闘から回避を使ってきますが、ターン制ではなく2回の回数制のため、3回からは攻撃がヒットします。
必中/無敵貫通礼装を装備すれば気にする必要はありませんが、クー・フーリン・オルタが回避スキル《矢避けの加護》を使ったら宝具の展開順番などに注意しましょう。

アビゲイルがおすすめ

アタッカーは引き続き、特攻を狙えるサーヴァントが有効ですが、フォーリナーの「アビゲイル」もおすすめ。
被ダメージを半減できるクラス特性や、回避状態でもダメージを通す強化解除攻撃宝具は、対クー・フーリン・オルタ戦攻略に最適。《正気喪失》の恐怖はどのタイミングで発動しても、攻撃回数をなるたけ減らしたい本クエストなら無駄になりにくい効果です。

第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」(3/4)

1/1クー・フーリン・オルタ(狂)
HP406,298
対クー・フーリン・オル最終戦ですが、攻略法は変わりません。
HPが向上してチャージが溜まる前に倒すのが厳しくなるので、宝具を引き受けられる盾役を編成しておきましょう。

第22節「シールダー、マスター、ソルジャー、ナース」(4/4)

1/1魔神ハルファス(?)
HP419,592
北米最終戦は魔神柱の「魔神ハルファス」が出現。
他の魔神柱と同様、ライダー・キャスター・アサシン・バーサーカーの4騎士クラスで弱点をつくことが可能。
また、アヴェンジャークラスは被ダメージを半減させることができます。

魔神が使うスキル《見下し》は、単体のスター発生率をダウンさせる効果があり、クリティカルを主体に戦うパーティでなければ使ってくれるとありがたい効果ですが、もう一方のスキル《開拓の時来たれり》が脅威。

《開拓の時来たれり》が厄介

《開拓の時来たれり》を使われると、魔神ハルファスに"自身の攻撃時、敵に防御デバフ(3T)を付与する効果"が付与されます。
ハルファスの通常攻撃は全体攻撃なので、攻撃され続けると味方全体の防御力が大きく低下することに。

チャージ攻撃の【焼却式・ハルファス】は通常状態ならHPが1万もあれば耐えられますが、防御デバフが蓄積していると全滅は必至。
幸いにも回避や無敵で無効化できるので、デバフが重ねっている場合はそれらを使うか、弱体解除を行ってまっさなら状態にしてから攻撃を受けましょう。

北米神話大戦(5章)クリア後

「第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム」のクリア報酬に「ジェロニモ」がプレゼントされます。

さらに、ストーリー召喚に「クー・フーリン〔オルタ〕」、「メイヴ」、「李書文」、「トーマス・エジソン」の4騎が追加。

FGO攻略Wikiおすすめ記事リンク

©TYPE-MOON / FGO PROJECT

コメント

読み込み中です

    最新イベント情報

    ぐだぐだ帝都聖杯奇譚

    ランキング情報

    マスターミッション情報

    効率クエスト情報

    編集部ガチャ結果

    FGO初心者向け情報

    序盤の進め方関連
    バトルの基本・応用
    強化育成関連

    FGOサーヴァント一覧

    FGO概念礼装一覧

    魔術礼装一覧

    FGOストーリー攻略記事

    要注意クエスト攻略

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。