【FGO】殺生院キアラ(星5 アルターエゴ)の評価と再臨素材

FGO(Fate/GrandOrder)の星5サーヴァント「殺生院キアラ」の評価やステータス、宝具性能などを紹介。殺生院キアラの運用方法や相性の良い概念礼装・サーヴァントなども掲載。

2018/03/02 17:58
FGO(Fate/Grand Order)に登場する「殺生院キアラ」の評価やステータスなどを掲載。FGOでの殺生院キアラを運用するためのデータが満載!
目次
殺生院キアラの評価
基本情報
基本ステータス表
カード構成・性能(ヒット数/NP獲得・スター発生効率)
宝具性能
「快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)」
宝具の使いどころ
霊基再臨・スキル強化素材
霊基再臨に必要な素材
スキル強化に必要な素材
霊基再臨・スキル強化に必要な合計素材数とQP
素材を入手できるおすすめクエスト
スキル情報
保有スキル
スキル1『千里眼(獣) D』(CT:9→7)
スキル1『千里眼(獣) D+++』(強化後)(CT:8→6)
スキル2『五停心観 A』(CT:9→7)
スキル3『女神変生 EX』(CT:8→6)
スキルの強化順
クラススキル
強い点と弱い点
強い点
弱い点
相性が良い概念礼装
相性が良いサーヴァント
運用ポイント
総合評価・まとめ

殺生院キアラの評価

「Fate/EXTRA CCC」に登場した「殺生院キアラ(本名は殺生院祈荒)」が3騎目のアルターエゴクラスで登場。
騎・術・殺・狂・秤・臨に攻撃有利であり、さらに人型の敵(サーヴァントも含む)からの攻撃を16%軽減と単純にアルターエゴのクラス相性以上に幅広い活躍を見せます。
※秤(ルーラー)に攻撃有利なのは、キアラ特有のクラススキル《ネガ・セイヴァーA》の効果であり、アルターエゴ全体に当てはまる特性ではない
運用面では全体宝具アタッカー、デバッファー、クリティカルアタッカー、耐久要員と任せられることは多め。
バーサーカーを除くと最多の攻撃有利クラスを持ち、且つ攻撃不利に晒されることがほぼない特性を活かして、様々なバトルで活躍してくれるでしょう。
※アルターエゴの防御不利クラスはバーサーカーのみ

殺生院キアラの基本情報・ステータス表

殺生院キアラ

殺生院キアラのキャラクター詳細

覚者の敵対者。
深海電脳楽土SE.RA.PHに現れた聖者。
類い希なる救世主としての資質をすべて己の為に使い、人ならざるものに変生したもの。
その誓願、その望みはからくも水際で断たれた。
その際にキアラ本人は消滅したが死に際に
考え方を改めたのか、
力の一端をアルターエゴとして残し、
カルデアに召喚される未来を善しとした。

「いいですわよね、カルデア。
 様々な時代、場所で争いに身を投じる……
 私も味わってみとうございます」

と慎ましく本人は微笑むが、その真意は当然、
「人類の為に」ではない。
多少はまるくなっても性根は微塵も変わって
いないので注意されたし。

殺生院キアラの基本ステータス表

サーヴァント名 殺生院キアラ
レア度 ★5(SSR)
クラス アルターエゴ
サーヴァント一覧
最大Lv. Lv.90
最大Lv.
ステータス
HP:14606|ATK:11668
HPランキングATKランキング
Lv.100
ステータス
HP:16001|ATK:12772
Lv.100ステータス一覧
コスト 16
カード構成 Quick:1|Arts:2|Buster:2
宝具:Arts
属性 混沌・悪・獣・女
サーヴァント属性一覧
特性 エヌマ特攻無効
サーヴァント特性一覧
スキル1 千里眼(獣) D【CT:9~7】
→千里眼(獣) D+++【CT:8~6】
スキル2 五停心観 A【CT:9~7】
スキル3 女神変生 EX【CT:8~6】
クラススキル 獣の権能 D
単独顕現 E
ロゴスイーター C
ネガ・セイヴァー A
クラススキル一覧
宝具 快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)
絆礼装 揺籃の夢
絆礼装一覧
声優 田中理恵
担当声優一覧
イラスト ワダアルコ
イラストレーター一覧
身長/体重 166cm|53kg
身長一覧体重一覧

殺生院キアラのカード構成・性能

ヒット数

カードQuickArtsBusterEX
ヒット数3315

NP獲得量

カードタイプ 1枚目 2枚目 3枚目
Quick 1 2(4 3(4
Arts 6 7(9 9(11
Buster 0 0(0 0(0
EX 2(5
※カードをその順番で配置した時に獲得できるNP獲得量。
※括弧内の数値はArts1stボーナス発生時のNP獲得量。
※数値は参考値になり、攻撃した敵クラスやoverkillの発生状況などにより増減。

スター発生数

カードタイプ 1枚目 2枚目 3枚目
Quick 3 4(4 5(6
Arts 0 0(0 0(0
Buster 0 0(0 0(0
EX 5(6
※カードをその順番で配置した時に発生するスターの参考数(乱数によって変化)。
※括弧内の数値はQuick1stボーナス発生時のスター獲得数。
※数値は参考値になり、乱数やoverkillの発生状況などにより増減。

殺生院キアラの宝具性能

「快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)」

宝具名 快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)
宝具属性 Arts
宝具効果 自身に無敵貫通状態を付与(1T)
+敵全体に強力な防御無視攻撃[Lv.]
&自身のHPを回復<OC:効果アップ>

宝具強化値

敵全体に強力な防御無視攻撃[Lv.]
Lv.1
450
Lv.2
600
Lv.3
675
Lv.4
712.5
Lv.5
750
自身のHPを回復<OC:効果アップ>
OC1
2000
OC2
3000
OC3
4000
OC4
5000
OC5
6000
※攻撃宝具は数値が高ければ高いほど威力が向上。
※特攻効果は基本威力に乗算され、例えばOC1で150なら基本威力の1.5倍の威力。

宝具の使いどころ

無敵貫通&防御力無視なので、キアラ自身に火力デバフが付与されていなければ、ダメージをそっくりそのまま通すことのできる全体攻撃宝具です。
単体でには《千里眼(獣) D+++》のArtsデバフと《五停心観 A》の防デバフで中々のダメージを期待できますが、敵全体においては防デバフしか宝具の与ダメージ向上手段がないので、全体的なダメージは1.5倍の攻撃有利倍率も相まって控え目。

NPのリチャージで連続宝具を狙う

Arts全体攻撃宝具なので敵3体生存時には10~15ほどのNPを回収し、《女神変生 EX》を使用していればさらに回収量がアップ。
さらに、Artsデバフが付与されている敵にArtsチェインで追撃すればさらなるリチャージも臨めるので、宝具の連発をもって火力不足をカバーしましょう。

《女神変生 EX》のデメリットを宝具でカバー

忘れてはいけないのがHP回復
OC100%で2000、以後100%上がる毎に1000ずつ増加。《女神変生 EX》のデメリットも、OC200%なら確実に相殺できます。キアラの生存率をアップさせたい場合は、宝具チェイン後手に配置するのが良いでしょう。

殺生院キアラの霊基再臨・スキル強化に必要な素材・個数

霊基再臨に必要な素材と個数

1段階 セイバーピースx5、キャスターピースx5・QP×100,000
2段階 セイバーピースx12、キャスターピースx12・QP×300,000
3段階 セイバーモニュメントx5、キャスターモニュメントx5・QP×1,000,000
4段階 セイバーモニュメントx12、キャスターモニュメントx12・QP×3,000,000

スキル強化に必要な素材と個数

Lv1→Lv2 剣の輝石x5、術の輝石x5・QP×200,000
Lv2→Lv3 剣の輝石x12、術の輝石x12・QP×400,000
Lv3→Lv4 剣の魔石x5、術の魔石x5・QP×1,200,000
Lv4→Lv5 剣の魔石x12、術の魔石x12・QP×1,600,000
Lv5→Lv6 剣の秘石x5、術の秘石x5・QP×4,000,000
Lv6→Lv7 剣の秘石x12、術の秘石x12・QP×5,000,000
Lv7→Lv8 黒獣脂x5、封魔のランプx5・QP×10,000,000
Lv8→Lv9 呪獣胆石x9、蛮神の心臓x9・QP×12,000,000
Lv9→Lv10 伝承結晶x1・QP×20,000,000

霊基再臨・スキル強化に必要な合計素材数とQP

合計素材 剣の輝石×51
剣の魔石×51
剣の秘石×51
術の輝石×51
術の魔石×51
術の秘石×51
蛮神の心臓×27
呪獣胆石×27
封魔のランプ×15
黒獣脂×15
セイバーピース×17
セイバーモニュメント×17
キャスターピース×17
キャスターモニュメント×17
・伝承結晶×3
合計QP 167,600,000

素材を入手できるおすすめクエスト

サーヴァントが最終再臨、すべてのスキルレベルを最大にした時に必要な合計素材数と、その素材を集めるのにおすすめのクエストを掲載しています。

殺生院キアラのスキル情報

保有スキル

スキル名 効果 CT

千里眼(獣)
敵単体の弱体耐性をダウン(1T)&自身のNPを増やす 9T

千里眼(獣)
敵単体の弱体耐性をダウン(1T)&Artsカード耐性をダウン(1T)+自身のNPを増やす
【《千里眼(獣)》強化後】
8T

五停心観
敵全体のチャージを減らす&防御力をダウン(3T) 9T

女神変生
自身に無敵状態を付与(1T)&クリティカル威力をアップ(1T)&NP獲得量をアップ(1T)&弱体耐性をアップ(1T)&回復量をアップ(1T)&HPを減少【デメリット】 8T

スキル1『千里眼(獣) D』(CT:9→7)

敵単体の弱体耐性をダウン(1T)
Lv.1
55
Lv.2
55
Lv.3
60
Lv.4
65
Lv.5
70
Lv.6
75
Lv.7
80
Lv.8
85
Lv.9
90
Lv.10
100
自身のNPを増やす
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
敵の弱体耐性ダウンは《五停心観 A》の防御力ダウンの成功率を上げられますが、《五停心観 A》の対象が敵全体の一方で《千里眼(獣) D》は単体なので、付与する相手は間違えないよう注意。
とは言え、《五停心観 A》は敵全体のチャージ減少がメインなので、《千里眼(獣) D》はNP増加をメインとして使うのが基本。

味方のデバフを支援するのなら話は別ですが、キアラのみの場合はタイミングに縛られずに、戦闘開始時から積極的に使っていきましょう。

スキル1『千里眼(獣) D+++』(強化後)(CT:8→6)

敵単体の弱体耐性をダウン(1T)
Lv.1
55
Lv.2
55
Lv.3
60
Lv.4
65
Lv.5
70
Lv.6
75
Lv.7
80
Lv.8
85
Lv.9
90
Lv.10
100
敵単体のArtsカード耐性をダウン(1T)
Lv.1
20
Lv.2
21
Lv.3
22
Lv.4
23
Lv.5
24
Lv.6
25
Lv.7
26
Lv.8
27
Lv.9
28
Lv.10
30
自身のNPを増やす
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
強化クエストをクリアすることで、新たにArts性能ダウンのデバフが追加され、さらにCTが1T短縮
Arts耐性ダウンは実質Artsバフを味方全体に付与したことになるので、キアラだけでなく味方全体のArts威力・NP獲得量が向上することに。
キアラ自身に付与するバフだと、NP増加のために積極的に使用したい場面とArtsバフを温存しておきたい場面で食い違いが起こり、どちらかを犠牲にする可能性もありました。
しかしながら、Arts耐性ダウンはキアラのArtsが配布されていない時でも味方のArts支援になるので、従来通りNP増加のために使用して問題ないでしょう。

スキル2『五停心観 A』(CT:9→7)

敵全体のチャージを減らす
Lv.1
-
Lv.2
-
Lv.3
-
Lv.4
-
Lv.5
-
Lv.6
-
Lv.7
-
Lv.8
-
Lv.9
-
Lv.10
-
敵全体の防御力をダウン(3T)
Lv.1
10
Lv.2
12
Lv.3
14
Lv.4
16
Lv.5
18
Lv.6
20
Lv.7
22
Lv.8
24
Lv.9
26
Lv.10
30
敵の宝具遅延&味方全体の火力アップを担う強力なスキルです。
防御力ダウンはキアラの通常攻撃・宝具の火力を上げる希少な効果ですが、3ターン持続するため、基本はチャージ減少が必要なタイミングで使用するのが良いでしょう。

スキル3『女神変生 EX』(CT:8→6)

自身に無敵状態を付与(1T)
Lv.1
-
Lv.2
-
Lv.3
-
Lv.4
-
Lv.5
-
Lv.6
-
Lv.7
-
Lv.8
-
Lv.9
-
Lv.10
-
自身のクリティカル威力をアップ(1T)
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
自身のNP獲得量をアップ(1T)
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
自身の弱体耐性をアップ(1T)
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
自身の回復量をアップ(1T)
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
自身のHPを減少【デメリット】
Lv.1
3000
Lv.2
3000
Lv.3
3000
Lv.4
3000
Lv.5
3000
Lv.6
3000
Lv.7
3000
Lv.8
3000
Lv.9
3000
Lv.10
3000
HPが3000も減少するデメリット付きですが、付与される効果は全て強力な効果です。ただし、全て1ターンしか持続しないため、1~2個を満たすタイミングでの使用が基本。

クリティカルアタッカーとして起用しているなら"クリティカル威力アップ"、敵の宝具をやり過ごす手段が他になければ"無敵"、宝具に合わせてHP・NP獲得量をアップさせるなどいろいろなタイミングで活用できます。
全てが合致するタイミングは稀かと思いますが、宝具を展開する前のターンに星を出しておくなど、《女神変生[EX]》を使用する時は事前に仕込んでおくと、スキルの恩恵を受けやすいでしょう。

ちなみに、Arts耐性30%ダウン&NP獲得量50%アップ状態で宝具AA(Aはクリティカル)のブレイブチェインを発生させれば、NPが一気に100%もリチャージするので連続宝具も可能。
■HP3000減少のデメリットに注意
強力な複合スキルゆえにデメリットが大きく、使用する毎にHPが3,000も減少します。
このHP減少はキアラの宝具(OC200%、NP獲得量アップ50%ならOC100%でも可)で相殺できますが、せっかく無敵でダメージを無効化してもその後の運用に支障が出るのでは仕方ないので、無闇矢鱈に使用するのは控えるのが無難。

ちなみに、HP3,000以下で使用してもHPは1残ります。
とは言え、やけどなどのスリップダメージで倒される原因になるので注意。

スキルの強化順

【優先度:高】千里眼(獣) D+++

NPを50%チャージ可能になると、NP50%礼装を装備して開幕宝具を狙うことができたり、単純に宝具回転率が高まるため、強化優先度が高め

Artsカード耐性ダウンの倍率は20→30%しか増えませんが、10%の差で宝具AAのリチャージ率が増減し、連続宝具の可否に繋がるので、その意味でも最終的にはLv.10を目指したいスキルです。

【優先度:中】五停心観 A

敵全体のチャージ減少はLv.1でも確実に成功し、CTを短縮してもバトル中に何回も使用できるほどではないので、レベルを上げる優先度は低め

とは言え、確実に成功するチャージ減少は、耐久戦の要にも成り得る強力な効果。
防御力ダウンも3ターンの間、味方全体の与ダメージを最大で1.3倍にできると考えれば、大きな火力支援に繋がります。
他のスキルに比べれば強化せずとも運用上支障がないレベルですが、余裕があればCT短縮のために、まずはLv.6を目標にするのがおすすめです。

【優先度:高】女神変生EX

複合スキルゆえにあちらを立てればこちらが立たずの状態になりがちで、しかも全て1ターンしか効果が持続しないため、CT短縮の恩恵が大きいです。

各効果的にも30→50%と大きく増加するので、最初はLv.6を目処にゆくゆくはLv.10まで強化するのが良いでしょう。

クラススキル


獣の権能D
自身のクリティカル威力をアップ[8%]

単独顕現E
自分のクリティカル威力を少しアップ[2%]
即死耐性を少しアップ[2%]
精神異常耐性をアップ[2%]

ロゴスイーターC
自身に対して、人型の敵からの攻撃に対する防御力をアップ[16%]

ネガ・セイヴァーA
自身に、ルーラークラスへの特攻状態を付与[150%]

殺生院キアラの強い点と弱い点

強い点

・幅広いクラス(騎術殺狂秤)に攻撃有利で混成クエストに便利。
・人型からの攻撃を常時軽減したり、無敵やHP回復により耐久性が高い。
・敵の防御系バフを無視する防御無視無敵貫通宝具。
・敵全体のチャージを必ず1減らせる。
・NP50%増加スキルや獲得量アップスキルで宝具回転率が高め。
・敵へのArts耐性ダウン付与で味方のArts支援ができる。

弱い点

・どのスキルもCTが長め。
・強化されていないので宝具威力が控えめ。

殺生院キアラと相性が良い概念礼装

殺生院キアラに合う概念礼装のポイント

《千里眼(獣) D》を活かして開幕宝具を狙うのならNP50%チャージ礼装、その中でもキアラが自前で用意できない、Arts性能アップや宝具威力アップ効果付きがおすすめ。また、耐久性を活かす場合は防御力アップ、クリティカルを狙うなら集中度や威力をアップするスター関連礼装が良いでしょう。
概念礼装 おすすめ理由
至るべき場所
・宝具の初動を早め、クリティカルを狙う時の星補助も。
ゴールデン相撲~岩場所~
・宝具の初動を早め、宝具だけでなく通常時の火力アップにも貢献。
聖夜の晩餐
・宝具の初動を早め、宝具威力とクリティカル威力もアップ。
バトル・オリンピア
・宝具の初動を早め、キアラの持つカード性能の5/6をアップ。
ダイブ・トゥ・ブルー
・宝具の初動を早め、宝具威力もアップ。
2030年の欠片
・毎ターンのスター獲得でクリティカルを狙う際の補助。
狐の夜の夢
・毎ターンのスター獲得でクリティカルを狙う際の補助をしながら、宝具回転率もアップ。
月の湯治
・毎ターンのスター獲得でクリティカルを狙う際の補助をしながら、威力もアップ。
ショコラティエ
・毎ターンのスター獲得でクリティカルを狙う際の補助をしながら、Arts性能をアップ。
足どりは軽やかに
・スター集中度アップでクリティカルを狙いやすくなり、さらにArts性能をアップ。
熱砂の語らい
・スター集中度アップでクリティカルを狙いやすくなり、さらに威力もアップ。

殺生院キアラと相性が良いサーヴァント

殺生院キアラに合うサーヴァントのポイント

キアラは持続的な火力アップ手段に乏しいので、アタッカーとして使うのなら持続的なバフを付与できるサーヴァントと組ませるのがおすすめ。また、《女神変生》のデメリットを相殺したり、クリティカル威力アップ時のスターを確保するなど、キアラが自前でしにくいことを補えるとなお相性が良い。
サーヴァント おすすめ理由
アンデルセン
・宝具で《女神変生 EX》のデメリットを相殺して、キアラが自前で用意できない攻防バフを付与できる。
・クリティカル用のスターをスキルで毎ターン獲得。
玉藻の前
・キアラの長いCTを宝具で短縮。
・高倍率のAバフで火力支援。
・チャージ減少を合わせて敵の宝具を2T遅延できる。
・HP回復で《女神変生 EX》のデメリットを相殺。
モーツァルト
・味方全体のA性能を1Tアップできる。
・大量に星を即時獲得できるので、《女神変生》に合わせやすい。
ネロブライド
・キアラに足りない持続的なバフを付与できる(攻・防・NP獲得・スター発生)。
・分のクラス相性的に組み合わせ辛くはある。
ギル(術)
・キアラに足りない持続的なバフを付与できる(攻・防・A・スター発生)。
マリー(術)
・クリティカル用のスターをスキルで毎ターン獲得。
・持続的な攻バフを付与。

殺生院キアラの運用ポイント

混成クエストで運用

アルターエゴは、ライダー・キャスター・アサシン・バーサーカー・フォーリナーに攻撃有利(狂・臨のみ2倍、他は1.5倍)なので、それだけで混成クエストで有利なクラスですが、キアラの場合はクラススキル《ネガ・セイヴァー A》により、ルーラーにも1.5倍の攻撃有利。
そのため、バーサーカーを除いた時に最多の攻撃有利クラスを持つサーヴァントとなります。

耐久面を気にせずに戦える混成アタッカー

混成クエストではバーサーカーやアヴェンジャーがアタッカーとして良く起用されがちですが、どちらも耐久に難を抱え気味なので、人型からの被ダメージを軽減しながら基本等倍で戦えるキアラは、耐久面を気にせずに戦える混成アタッカーとして起用可能。
※サーヴァントは全て人型

3騎が出現するクエストでもデバッファーとして

セイバー・アーチャー・ランサーへの与ダメージは半減されるので、それらが出現するクエストに起用する価値は低めですが、確実に成功する敵全体チャージ減やArts耐性ダウンは味方の支援に繋がります。

被ダメージは等倍のため、通常の不利クラスと異なり倒されにくいので、パーティ全体のダメージ効率が下がりますが、デバッファーとして運用することもできるでしょう。

防御無視無敵貫通宝具アタッカー

キアラの宝具は防御無視且つ無敵貫通なので、敵が防御系のスキルを付与しても問答無益でダメージを与えます。
ただし、宝具威力は強化されていないこともあって控えめ

Arts耐性ダウンや防御力ダウンで多少ブーストすることが可能ですが、それでも有利クラスの宝具ダメージには届きません。
Artsのクリティカルが混ざった宝具ブレイブチェインなら、防御力ダウンが持続する3ターンの間に再度展開することも現実的なので、低めの宝具火力は回数で補うように意識しましょう。

耐久パーティのアタッカー

何も考えずに運用すると《女神変生 EX》のデメリット(HP3,000減少)が地味に痛いですが、宝具のHP回復でカバーできるので、宝具の回転率的にはデメリットはあってないようなものです。
▲サーヴァントを含む〔人型〕からの攻撃に対する防御力を16%アップ
さらにクラススキル《ロゴスイーター C》により、人型からの攻撃を常時16%カットしているので、防御力アップの礼装を装備すれば被ダメージが等倍とは思えない打たれ強さを発揮。
自前で無敵も用意できて宝具対策もばっちりなので、味方のサポートがなくても自活できるのが嬉しいところ。

火力支援系の礼装を装備しないと与ダメージが伸び悩みますが、宝具をHP回復用と割り切り、耐久に重点を置いたアタッカーとして起用するのもキアラの性能的にマッチしています。

耐久編成例

例えば、キアラが「鋼の鍛錬(最大解放)」を装備すれば常時ダメージを36%軽減します。

また、「マシュ」のスキル/宝具(どちらも最大強化済)の防バフを全て付与すると、なんとダメージを86%もカット
▲防御力アップ例
無敵を使わずとも宝具ダメージを容易に0近くに抑えることも可能なので、耐久パーティに用いれられるアタッカーの中では、耐久のしやすさが全サーヴァント随一と言えます。

とは言え、それが通用するのは敵が人型の時のみなので、サーヴァント相手なら問題ありませんが、一般エネミーの場合は注意しましょう。

クリティカルで大ダメージを狙う

キアラはクラススキルで常時威力が10%アップし、《女神編生 EX》使用時には瞬間的に威力が40%~60%(Lv.1~Lv.10)に跳ね上がるので、クリティカルを狙う価値があるサーヴァントです。
クリティカルが発生すればNP獲得量が2倍に増加し、宝具展開に近づくので一石二鳥。

ただし、キアラ(アルターエゴ)のスター集中度は並(弓・騎には及ばない程度)で、キアラ自身の星出し性能も決して高くないため、クリティカルを狙うためにはそれ相応の準備が必要。
キアラをクリティカルアタッカーとして起用する場合は、スター集中度が高いライダー以外で星出しが得意なサーヴァントと組ませましょう。

殺生院キアラの総合評価・まとめ

クラス相性的に幅広い場面に投入できるだけでなく、宝具/クリティカルアタッカー、耐久パの一員、周回要員、デバッファーと起用にこなす万能サーヴァント

ただし、スキルがどれも1T効果でCTが長いので、あれもこれもと役目を担わせると息切れを起こし、結果的に器用貧乏になりがち
キアラをパーティに編成する際は、何をさせたいか明確に役割を決めて、味方や礼装で支援してあげると真価を発揮して使い勝手が良くなるでしょう。

FGO攻略Wikiおすすめ記事リンク


攻略TOP

最新イベント情報

最新ガチャ情報

リセマラランキング

素材効率一覧

マスターミッション効率

メインクエスト一覧

フリークエスト一覧

フレンド募集
©TYPE-MOON / FGO PROJECT

コメント

読み込み中です

    最新イベント情報

    第2部第2章攻略

    ランキング情報

    マスターミッション情報

    効率クエスト情報

    編集部ガチャ結果

    FGO初心者向け情報

    序盤の進め方関連
    バトルの基本・応用
    強化育成関連

    FGOサーヴァント一覧

    FGO概念礼装一覧

    魔術礼装一覧

    FGOストーリー攻略記事

    要注意クエスト攻略

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。