【FGO】メルトリリス(星5 アルターエゴ)の評価と再臨素材

FGO(Fate/GrandOrder)の星5サーヴァント「メルトリリス」の評価やステータス、宝具性能などを紹介。メルトリリスの運用方法や相性の良い概念礼装・サーヴァントなども掲載。

2018/01/07 04:10
FGO(Fate/Grand Order)に登場する「メルトリリス」の評価やステータスなどを掲載。FGOでのメルトリリスを運用するためのデータが満載!
目次
メルトリリスの評価
基本情報
基本ステータス表
カード構成・性能(ヒット数/NP獲得・スター発生効率)
宝具性能
「弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)」
宝具の使いどころ
霊基再臨・スキル強化素材
霊基再臨に必要な素材
スキル強化に必要な素材
霊基再臨・スキル強化に必要な合計素材数とQP
スキル情報
保有スキル
スキル1『クライム・バレエA』(CT:7→5)
スキル2『加虐体質A』(CT:7→5)
スキル3『メルトウイルスEX』(CT:8→6)
スキルの強化順
クラススキル
強い点と弱い点
強い点
弱い点
相性が良い概念礼装
相性が良いサーヴァント
運用ポイント
メルトリリスの総合評価・まとめ

メルトリリスの評価

四騎士クラスへの攻撃有利なアルターエゴなので、ライダー・アサシン・キャスタークラスのアタッカーがいない場合のメインアタッカー、いる場合でも星出し性能の高さからスター供給役を兼ねたサブアタッカーとして活躍可能。

また、回転率の高い宝具は強化解除を持つことから、定期的に敵のバフを打ち消すことも。防御系バフを打ち消して次の攻撃を通しやすくしたり、厄介なバフを付与する高難度クエストで役立ちます。
※セイバー、アーチャー、ランサーを三騎士、エクストラクラスを除くその他を四騎士と呼びます。

メルトリリスの基本情報・ステータス表

メルトリリス

メルトリリスのキャラクター詳細

快楽のアルターエゴ。
BBから作られたアルターエゴのひとり。
何物をも溶かす毒の蜜、触れるものを切り裂く鉄の脚、そして容赦の無い加虐性に満ちた性格を持つ超攻撃型アルターエゴ。
BBが作り出したアルターエゴの中でもトップクラスの総合性能を持ち、ドレイン機能においてはBBさえ上回る。それ故にBBへの敬意は薄く、また、他のエゴたちを軽視。自らが完成された個体であると自覚しているため、たいへんプライドが高い。

「私、自分でもどうかと思うほど加虐体質なの。
 嫌がる相手を徹底的に蹴り倒せるなんて、正直、たまらないわ」

まさに水の女王といった体だが、肉体はどのエゴより華奢で可憐な少女像となっている。

メルトリリスの基本ステータス表

サーヴァント名 メルトリリス
レア度 ★5(SSR)
クラス アルターエゴ
サーヴァント一覧はこちら
最大Lv. 90
最大HP 13402
最大ATK 11692
コスト 16
カード構成 Quick:2 Arts:1 Buster:2
属性 秩序・善・地・女
サーヴァント属性一覧はこちら
特性 騎乗・神性
サーヴァント特性一覧はこちら
スキル1 クライム・バレエA【CT:7~5】
スキル2 加虐体質A【CT:7~5】
スキル3 メルトウイルスEX【CT:8~6】
クラススキル 対魔力B
騎乗B
単独行動A
女神の神核B
ハイ・サーヴァントA
宝具 Quick:弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)
絆礼装 輝くばかりの
絆礼装一覧はこちら
声優 早見沙織
担当声優一覧はこちら
イラスト ワダアルコ
イラストレーター一覧はこちら

メルトリリスのカード構成・性能

カード性能(ヒット数/NP獲得・スター発生効率)

ヒット数

各カードのヒット数
カードタイプ ヒット数
Quick 4
Arts 2
Buster 1
EX 6

NP獲得量

カードをその順番で配置した時に獲得できるNPの値
敵のクラスやオーバーキル・クリティカルなどで増減することもある
カードタイプ 1枚目 2枚目 3枚目
Quick 3 5 7
Arts 7 8 11
Buster 0 0 0
EX 5

Arts1stボーナス付与時のNP獲得量

Arts1stボーナス(Artsを1枚目に配置)が付与された状態のカードを、その順番で配置した時に獲得できるNPの値
敵のクラスやオーバーキル・クリティカルなどで増減することもある
カードタイプ 2枚目 3枚目
Quick 9 11
Arts 10 12
Buster 0 0
EX 11

スター発生数

カードをその順番で配置した時に発生するスターの値
オーバーキル・クリティカルなどで増減することもある
カードタイプ 1枚目 2枚目 3枚目
Quick 4 5 7
Arts 0 0 0
Buster 0 0 0
EX 6

Quick1stボーナス付与時のスター発生数

Quick1stボーナス(Quickを1枚目に配置)が付与された状態のカードを、その順番で配置した時に獲得できるスターの数
オーバーキル・クリティカルなどで増減することもある
カードタイプ 2枚目 3枚目
Quick 6 8
Arts 0 0
Buster 0 0
EX 7

メルトリリスの宝具性能

「弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)」

宝具名 弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)
宝具属性 Quick
宝具効果 敵単体に強力な攻撃
強化状態を解除
自身のQuickカード性能をアップ(3ターン)[オーバーチャージで効果アップ]

宝具強化値

敵単体に強力な攻撃
Lv.1
1200
Lv.2
1600
Lv.3
1800
Lv.4
1900
Lv.5
2000
敵単体の強化状態を解除
Lv.1
-
Lv.2
-
Lv.3
-
Lv.4
-
Lv.5
-
自身のQuickカード性能をアップ(3ターン)[オーバーチャージで効果アップ]
OC1
10
OC2
15
OC3
20
OC4
25
OC5
30
※攻撃宝具は数値が高ければ高いほど威力が向上。
※特攻効果は基本威力に乗算され、例えばOC1で150なら基本威力の1.5倍の威力。

宝具の使いどころ

1.5倍の攻撃有利補正、火力バフは実質攻撃力アップの《加虐体質》のみなので、有利クラスよりも宝具一発の火力は低め
ただし、メルトリリスの宝具の強みは、宝具回転率が高いので、定期的に敵のバフを打ち消せること(強化解除)。繰り返しバフを付与し続けられるようなクエストで真価を発揮します。

Quickバフの重ね掛けを狙う

攻撃判定後に自身に付与されるQuickバフはOC100%で10%と高いとは言えないですが、積極的にメルトリリスのカードを選択すれば、重ね掛けも現実的。
とは言え、カードの配布状況によっては宝具展開後にメルトリリスのカードが全く配られないこともあるので、効果持続中に連発を狙う場合は配布状況を見極める必要有り
ちなみに、オーバーチャージでの上昇値は劇的に変化しないので、積極的に狙いにいかなくて良いでしょう。

メルトリリスの霊基再臨・スキル強化に必要な素材・個数

霊基再臨に必要な素材と個数

1段階 ランサーピースx5、アサシンピースx5・QP×100,000
2段階 ランサーピースx12、アサシンピースx12・QP×300,000
3段階 ランサーモニュメントx5、アサシンモニュメントx5・QP×1,000,000
4段階 ランサーモニュメントx12、アサシンモニュメントx12・QP×3,000,000

スキル強化に必要な素材と個数

Lv1→Lv2 槍の輝石x5 、殺の輝石x5・QP×200,000
Lv2→Lv3 槍の輝石x12、殺の輝石x12・QP×400,000
Lv3→Lv4 槍の魔石x5、殺の魔石x5・QP×1,200,000
Lv4→Lv5 槍の魔石x12、殺の魔石x12・QP×1,600,000
Lv5→Lv6 槍の秘石x5 、殺の秘石x5・QP×4,000,000
Lv6→Lv7 槍の秘石x12、殺の秘石x12・QP×5,000,000
Lv7→Lv8 戦馬の幼角x5、原初の産毛x5・QP×10,000,000
Lv8→Lv9 竜の逆鱗x9、智慧のスカラベx9・QP×12,000,000
Lv9→Lv10 伝承結晶x1・QP×20,000,000

霊基再臨・スキル強化に必要な合計素材数とQP

合計素材 ・槍の輝石×51
・槍の魔石×51
・槍の秘石×51
・殺の輝石×51
・殺の魔石×51
・殺の秘石×51
竜の逆鱗×27
戦馬の幼角×15
智慧のスカラベ×27
原初の産毛×15
・伝承結晶×3
・ランサーピース×17
・ランサーモニュメント×17
・アサシンピース×17
・アサシンモニュメント×17
合計QP 167,600,000

素材を入手できるおすすめクエスト

※準備中

メルトリリスのスキル情報

スキル名 効果 CT

クライム・バレエ
自身に回避状態を付与(2回・3T)&スターを獲得 7T

加虐体質
自身の攻撃力をアップ(3T)&防御力をダウン(3T)【デメリット】 7T

メルトウイルス
敵全体の宝具威力をダウン(1T)+自身を除く味方全体の宝具威力をダウン(1T)【デメリット】+1ターン後に自身の宝具威力をアップする状態を付与(1T) 8T

保有スキル

スキル1『クライム・バレエA』(CT:7→5)

効果
自身に回避状態を付与(2回)(3T)
Lv.1
-
Lv.2
-
Lv.3
-
Lv.4
-
Lv.5
-
Lv.6
-
Lv.7
-
Lv.8
-
Lv.9
-
Lv.10
-
効果
スターを獲得
Lv.1
5
Lv.2
6
Lv.3
7
Lv.4
8
Lv.5
9
Lv.6
10
Lv.7
11
Lv.8
12
Lv.9
13
Lv.10
15
被ダメージが基本等倍、さらに防御力ダウンのデメリットを持つスキルがあるので、星5標準のHPでも若干脆いのは否めません。
《クライム・バレエ》はそんな脆さを回数制の回避でカバーしつつ、自身のクリティカル運用と噛み合うスター獲得を持つので、メルトリリスの攻守を補助する最重要スキルとなります。

回避の持続は3ターンと期間限定ですが、大半はその前に消費してしまうので気にしなくて良いでしょう。

スキル2『加虐体質A』(CT:7→5)

効果
自身の攻撃力をアップ(3T)
Lv.1
10
Lv.2
12
Lv.3
14
Lv.4
16
Lv.5
18
Lv.6
20
Lv.7
22
Lv.8
24
Lv.9
26
Lv.10
30
効果
自身の防御力をダウン【デメリット】(3T)
Lv.1
10
Lv.2
10
Lv.3
10
Lv.4
10
Lv.5
10
Lv.6
10
Lv.7
10
Lv.8
10
Lv.9
10
Lv.10
10
最大で30%の攻撃力アップを3ターン付与する代わりに、防御力ダウンのデメリットも付く一長一短なスキル。
防御力ダウンは10%の固定値ですが、前述したように基本等倍の被ダメージなので、攻撃が集中するとあっけなく倒れてしまう場合も。

攻撃力アップはいつ使っても腐らない効果ですが、デメリットのカバー、スター獲得によるクリティカルも狙える《クライム・バレエ》と併用するのがおすすめ。

スキル3『メルトウイルスEX』(CT:8→6)

効果
敵全体の宝具威力をダウン(1T)
Lv.1
20
Lv.2
23
Lv.3
26
Lv.4
29
Lv.5
32
Lv.6
35
Lv.7
38
Lv.8
41
Lv.9
44
Lv.10
50
効果
自身を除く味方全体の宝具威力をダウン【デメリット】(1T)
Lv.1
50
Lv.2
50
Lv.3
50
Lv.4
50
Lv.5
50
Lv.6
50
Lv.7
50
Lv.8
50
Lv.9
50
Lv.10
50
効果
1ターン後に自身の宝具威力をアップする状態を付与(1T)
Lv.1
20
Lv.2
20
Lv.3
20
Lv.4
20
Lv.5
20
Lv.6
20
Lv.7
20
Lv.8
20
Lv.9
20
Lv.10
20
敵全体の宝具威力を最大で50%も減少させる強力なデバフ。
味方のバフデバフと組み合わせることで、敵の宝具を回避/無敵無しで無効化することも不可能ではありません。

しかしながら、同時に発動する"自身を除く味方全体の宝具威力50%ダウン"が足を引っ張ります。メルトリリス以外の宝具が被攻撃系なら気にしなくても良いですが、攻撃系ならば使うタイミングを考慮する必要有り。

■あえて使用しない
1ターン後に発動する自身の宝具威力アップは20%と固定。
《加虐体質》の攻撃力アップとは異種バフのため、効率良くダメージを伸ばすことができますが、宝具回転率が高いメルトリリスには一発の火力よりも連発することが重要

そのため、1ターン後の宝具威力アップや味方のデバフ解除を待って全体の回転率を鈍らせてしまうのであれば、あえて使用しないという選択肢も有り。

スキルの強化順

攻守を補助する《クライム・バレエ》が最優先。まずは、CTが短縮されるLv.6、ゆくゆくはLv.10を目指しましょう。
その後は火力アップに貢献する《加虐体質》がおすすめ。ただし、メルトリリスを対四騎士クラス用のメインアタッカーとして起用するのであれば、《加虐体質》を優先するのが良いでしょう。

《メルトウイルス》の優先度は低め

どちらにせよ、《メルトウイルス》の育成優先度は低め
宝具威力アップ値はレベルを上げても据え置きなので、敵の宝具をバフデバフの重ね掛けで対処する運用をしないのであれば、スキルレベルを上げなくても支障はありません。

クラススキル


対魔力B
自身の弱体耐性をアップ[17.5%]

騎乗B
自身のQuickカードの性能をアップ[8%]

単独行動A
自身のクリティカル威力をアップ[10%]

女神の神核B
自身に与ダメージプラス状態を付与[225]
弱体耐性をアップ[22.5%]

ハイ・サーヴァントA
効果なし

メルトリリスの強い点と弱い点

強い点

・回数性の回避を持つため、大半の防御相性が等倍でも生き残りやすい
星出し性能が高いのでクリティカルを狙いやすい。
・最大で敵の宝具威力を50%カット
定期的に敵の強化解除を狙える。
・弱体耐性が高い。

弱い点

・防御力ダウンのデメリット付きスキルがある(回数性の回避で軽減可能)。
・遅延性の宝具威力アップのため速射能力が低い。
味方の宝具威力を大幅に軽減してしまう。

メルトリリスと相性が良い概念礼装

メルトリリスに合う概念礼装のポイント

メルトリリスを運用する場合、Quick中心のカード選びになるため「Quick性能アップ」が無難。また、クリティカルアタッカーを中心とした運用で起用するのなら、クリティカルを発生させやすくする「スター集中度アップ」や、その威力を高める「クリティカル威力アップ」がおすすめ。
そして、アタッカーとして用いる場合は、1.5倍の攻撃有利が物足りなくなることもあるので、ATK補正が高い礼装を選ぶと良いでしょう。
概念礼装 おすすめ理由
イマジナリ・アラウンド
Quick性能が良いサーヴァントの鉄板礼装。
デンジャラス・ビースト
Quickの性能を上げつつ、スターの補填もしたい人向け。
花より団子
Quickの性能を上げつつ、宝具の威力も重視したい人向け。
壬生狼
メルトが持つカードの5/6をカバー。毎ターンのスター獲得も便利。
聖夜の晩餐
宝具の初動を早めつつ、宝具とクリティカル威力をアップ。
熱砂の語らい
クリティカルを発生させやすくなり、その威力もアップする一石二鳥な礼装。
封印指定 執行者
クリティカルを発生させやすくなる。

メルトリリスと相性が良いサーヴァント

メルトリリスに合うサーヴァントのポイント

与ダメージが半減される対三騎士クラスよりも、対四騎クラスでの起用が中心なので、必然的に四騎士クラスのサーヴァントと組むことが多め。
その中でも、宝具の回転を止めないように互いにスターを出し合ってクリティカルを狙えたり、メルトリリスに不足しがちな火力や防御バフを付与できるサーヴァントがおすすめ。

ただし、メルトリリスはスター集中手段を持たないので、組むクラスによってはスターが偏る点に注意。
サーヴァント おすすめ理由

刑部姫
・宝具でQと防御バフ、最大HPアップをばらまけるサポーター。
・NP・星出し性能も良好。
・強化解除ができるのでメルト宝具の隙間にもバフを打ち消せる。

ジャック
・NP・星出し性能が良好。
・短いCTで単体のHPを回復可能。
・強化解除ができるのでメルト宝具の隙間にもバフを打ち消せる。

騎イシュタル
・NP・Q・Bバフの複合スキルがメルトにマッチ。
・メルトが稼いだスターを使ったクリティカルも強力。

術ギル
・スター発生・攻撃バフで期間中は強力なクリティカルを保障。
・宝具で味方全体に防御バフ、敵に防御デバフをばらまける。

マルタ
・味方全体の弱体解除と敵単体の強化解除を行える。
・A1stボーナスの起点にしやすい。

アンデルセン
・宝具でメルトリリスに足りない各種バフを付与可能。
・クリティカル威力アップを付与できる。
・毎ターンスターを獲得。
・A1stボーナスの起点にしやすい。

小太郎
・星出し性能が良好。
・敵への攻撃系デバフや味方単体への回避付与でメルトの脆さをカバー。
・敵の弱体デバフで《メルトウイルス》のデバフ付与率アップ。

ホームズ
・NP・星出し性能が良好
・宝具でクリティカル威力アップをばらまける。
・サポート型だが時には自らが攻撃に転ずる。
・ルーラー特性から《メルトウイルス》のデバフだけで生存可能性有り。
・敵の宝具封印で《クライム・バレエ》のCT回復を間に合わせる。

メルトリリスの運用ポイント

性能が良いQuickを中心に宝具・クリティカルを狙う

性能が良いQuickを中心にカードを選択し、NP・スターを稼ぎながら宝具とクリティカルを狙っていくのがメルトリリスの基本運用。

相性有利クラスよりも低い攻撃補正をカバーするためにも、NPが溜まり次第宝具を展開していきたいですが、敵のバフが厄介なクエストでは強化解除のために温存したほうが良いケースもあるので、宝具の運用には臨機応変さが求められます。

《クライム・バレエ》と《加虐体質》は併用がおすすめ

《クライム・バレエ》と《加虐体質》はそれぞれ単体で使っても強力ですが、併用すると《加虐体質》のデメリットを《クライム・バレエ》の回避でカバー、《クライム・バレエ》のスター獲得を《加虐体質》の火力アップで活かせるとそれぞれにシナジー効果があります。

味方のサポートで補助できるに越したことはないですが、なるべくなら同じタイミングで使用するのが良いでしょう。

《メルトウイルス》を使わない運用も

同スキルの項目でも触れましたが、敵に強力なデバフを付与する代わりに、味方の宝具威力を大きく減少させるデメリットが足を引っ張るので、使い勝手が悪いスキルです。
そのデバフも、《メルトウイルス》単体では宝具(即死級のダメージ)を抑えるには足りないので、別のスキル/宝具と組み合わせるのが必須となります。

メルトリリス以外が被攻撃宝具なら、自身の宝具威力アップのために気兼ねなく使用しても良いですが、デメリットとデバフを活かすための制約を考慮すると、使用せずに放置しておくのも有効。

《メルトウイルス》で宝具ダメージを0に抑えるには

▲敵に《メルトウイルスEX Lv.10》×2使用時の宝具ダメージ
敵の宝具ダメージを抑える効果は大まかに、"宝具威力ダウン"と"攻撃力ダウン(防御力アップ)"の2種類に分かれます。
同じ種類のバフデバフなら加算した数値がそのままダメージの減少率になるのですが、別種類になると計算が"乗算"になるため、合計して100%の軽減率になっても組み合わせ次第では100%ダメージカットに届かないこともあります。

以下の表は《メルトウイルスEX Lv.10》(宝具威力50%ダウン)と別のスキル・宝具を組み合わせた時の宝具ダメージ軽減率です。宝具ダメージを大きく削りたい時の参考にしてください。
サーヴァントスキル/宝具
(効果)
軽減率

メルト
メルトウイルスEX Lv.10
(敵の宝具威力50%ダウン)
100%

子ギル
宝具 OC100%
(敵の宝具威力50%ダウン)
100%

ジャンヌ
真名看破B Lv.10
(敵サーヴァントの宝具威力30%ダウン)
80%

柳生宗矩
無刀取りA Lv.10
(敵の攻撃力50%ダウン)
75%

ベディ
守護の誓約B
(味方の防御力30%アップ)
65%
※100%軽減でも固定ダメージや乱数などでダメージが0にならないこともある
※掲載サーヴァントは一例

メルトリリスの総合評価・まとめ

四騎士クラスへ攻撃有利なアルターエゴクラス特性を活かして幅広いクエストで活躍できる一方、有利クラス以下の攻撃補正(1.5倍)なので、パーティを全て有利クラスで揃えられる場合はお役御免になりがち

独自の強みがある

とは言え、複数のクラスを相手にできる汎用性を持ちながら、星出し支援、定期的に敵の強化解除が可能なのはメルトリリスの強み
さらに、低めの耐久性や火力をカバーする手段を自前で持つため、使ってみると有利クラスとそこまでの差はありません

また、強化解除効果のある宝具持ちの中では回転率がピカイチなので、パーティ全体のダメージ効率は下がりますが、対三騎士クラスでも活躍の場があります。

初心者から上級者まで

総じて、有利クラスのアタッカーがいない場合はメインに、いる場合は敵のクラスを問わず活躍できるサブアタッカー

戦力が揃っていないマスターは元より、揃っているマスターでも使い道のあるサーヴァントなので、運用方法をおさえて混成クエストにQuickパーティで挑む時や、敵のバフが厄介なクエストに連れていきましょう。

コメント

    最新イベント情報

    マスターミッション情報

    効率クエスト情報

    編集部ガチャ結果

    FGO初心者向け情報

    序盤の進め方関連
    バトルの基本・応用
    強化育成関連

    FGOサーヴァント一覧

    FGO概念礼装一覧

    FGOストーリー攻略記事

    メインクエストまとめ
    フリークエストまとめ
    ©TYPE-MOON / FGO PROJECT

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。