【FGO】セミラミス(星5 アサシン)の評価と再臨素材

FGO(Fate/GrandOrder)の星5サーヴァント「セミラミス」の評価やステータス、宝具性能などを紹介。セミラミスの運用方法や相性の良い概念礼装・サーヴァントなども掲載。

FGO(Fate/Grand Order)に登場する「セミラミス」の評価やステータスなどを掲載。FGOでのセミラミスを運用するためのデータが満載!
目次
セミラミスの評価
基本情報
基本ステータス表
カード構成・性能(ヒット数/NP獲得・スター発生効率)
宝具性能
「虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)」
宝具の使いどころ
霊基再臨・スキル強化素材
霊基再臨に必要な素材
スキル強化に必要な素材
霊基再臨・スキル強化に必要な合計素材数とQP
スキル情報
保有スキル
スキル1『使い魔(鳩)D』(CT:7→5)
スキル2『二重召喚B』(CT:7→5)
スキル3『驕慢王の美酒B+』(CT:8→6)
スキルの強化順
クラススキル
強い点と弱い点
強い点
弱い点
相性が良い概念礼装
相性が良いサーヴァント
運用ポイント
総合評価・まとめ

セミラミスの評価

アサシンには希少なArts3枚型のカード構成なので、味方(特にアサシン)のArts1stボーナスの起点になることでパーティ全体のNP効率を高めます。

また、敵全体のBuster耐性ダウンのデバフは、スターを予め8個用意する制約があるものの、3ターンは味方全体が《魔力放出》を付与された状態と同じ状態になるので、火力バフを持たないセミラミスはもちろん、味方の火力向上を支援。

セミラミス自体の火力自体は低めなので、前述したように味方の支援をメインとしながら自分はサブアタッカーとして戦う立ち位置になるでしょう。

セミラミスの基本情報・ステータス表

セミラミス

セミラミスのキャラクター詳細

世界最古の毒殺者にしてアッシリア帝国の女帝。
夫であるニノス王を毒殺したことで、一躍名を馳せた。

また、世界の七不思議の一つである
『バビロンの空中庭園』を建設したとも一時期
噂されていた(実際に建設したのはネブカドネザル二世)。

セミラミスの基本ステータス表

サーヴァント名 セミラミス
レア度 ★5(SSR)
クラス アサシン
サーヴァント一覧
最大Lv. Lv.90
最大Lv.
ステータス
HP:13266|ATK:11309
HPランキングATKランキング
Lv.100
ステータス
HP:14533|ATK:12379
Lv.100ステータス一覧
コスト 16
カード構成 Quick:1|Arts:3|Buster:1
宝具:Buster
属性 地・女・悪・秩序
サーヴァント属性一覧
特性 神性・王
サーヴァント特性一覧
スキル1 使い魔(鳩) D
スキル2 二重召喚 B
スキル3 驕慢王の美酒 B+
クラススキル 気配遮断C+
陣地作成EX
道具作成C
神性C
クラススキル一覧
宝具 虚栄の空中庭園
(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)
絆礼装 不明の杯
絆礼装一覧
声優 真堂圭
担当声優一覧
イラスト 近衛乙嗣
イラストレーター一覧
身長/体重 169cm|51kg
身長一覧体重一覧

セミラミスのカード構成・性能

NP獲得量

カードタイプ 1枚目 2枚目 3枚目
Quick 1 2(3 3(4
Arts 6 7(9 10(12
Buster 0 0(1 0(1
EX 1(3
※カードをその順番で配置した時に獲得できるNP獲得量。
※括弧内の数値はArts1stボーナス発生時のNP獲得量。
※数値は参考値になり、攻撃した敵クラスやoverkillの発生状況などにより増減。

スター発生数

カードタイプ 1枚目 2枚目 3枚目
Quick 5 6(7 8(9
Arts 1 1(2 1(2
Buster 1 1(2 2(2
EX 6(7
※カードをその順番で配置した時に発生するスターの参考数(乱数によって変化)。
※括弧内の数値はQuick1stボーナス発生時のスター獲得数。
※数値は参考値になり、乱数やoverkillの発生状況などにより増減。

セミラミスの宝具性能

「虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)」

宝具名 虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)
宝具属性 Buster
宝具効果 自身の宝具威力をアップ(1T)<OC:効果アップ>
敵全体に強力な攻撃[Lv.]
味方全体の防御力を20%アップ(3T)

宝具強化値

自身の宝具威力をアップ(1T)<OC:効果アップ>
OC1
10
OC2
20
OC3
30
OC4
40
OC5
50
敵全体に強力な攻撃[Lv.]
Lv.1
300
Lv.2
400
Lv.3
450
Lv.4
475
Lv.5
500
※攻撃宝具は数値が高ければ高いほど威力が向上。
※特攻効果は基本威力に乗算され、例えばOC1で150なら基本威力の1.5倍の威力。

宝具の使いどころ

オーバーチャージで威力が上がる全体攻撃宝具なので、セミラミスの宝具威力を上げたい場合は宝具チェイン後手安定。
また、味方全体に防御力アップが付与されるので、敵の宝具ダメージを大幅にカットするために耐久支援のためにサポート的な運用をするのも有り。

マシュと組ませた場合

例えば、「マシュ」の強化後宝具は防御力が30%アップし、《誉れ堅き雪花の壁 Lv.10》は20%アップします。
スキル(20%UP)を併用した上で、セミラミス宝具(20%UP)→マシュ宝具(OC200%:35%UP)の順番なら、味方全体の防御力が20%+20%+35%アップで75%もアップ。さらに、「鋼の鍛錬」や「マグダラの聖骸布」を装備していれば、回避や無敵を使わずとも簡単に宝具を無効化

防御力アップに関しては、マシュが優秀という点は否めないのですが、敵全体に攻撃しつつ味方の耐久性も上げられる点で、セミラミスの宝具は耐久戦のダメージソースとして重宝します。

セミラミスの霊基再臨・スキル強化に必要な素材・個数

霊基再臨に必要な素材と個数

1段階 アサシンピース×5
2段階 アサシンピース×12・竜の牙×18
3段階 アサシンモニュメント×5・万死の毒針×24・蛇の宝玉×4
4段階 アサシンモニュメント×12・蛇の宝玉×8・智慧のスカラベ×5

スキル強化に必要な素材と個数

Lv1→Lv2 殺の輝石×5
Lv2→Lv3 殺の輝石×12
Lv3→Lv4 殺の魔石×5
Lv4→Lv5 殺の魔石×12・万死の毒針×12
Lv5→Lv6 殺の秘石×5・万死の毒針×24
Lv6→Lv7 殺の秘石×12・竜の牙×12
Lv7→Lv8 竜の牙×24・鳳凰の羽根×5
Lv8→Lv9 鳳凰の羽根×15・精霊根×10
Lv9→Lv10 伝承結晶x1

霊基再臨・スキル強化に必要な合計素材数とQP

合計素材 殺の輝石×51
殺の魔石×51
殺の秘石×51
万死の毒針×132
竜の牙×126
鳳凰の羽根×60
精霊根×30
蛇の宝玉×12
智慧のスカラベ×5
アサシンピース×17
アサシンモニュメント×17
伝承結晶×3
合計QP 167,600,000

素材を入手できるおすすめクエスト

サーヴァントが最終再臨、すべてのスキルレベルを最大にした時に必要な合計素材数と、その素材を集めるのにおすすめのクエストを掲載しています。

セミラミスのスキル情報

保有スキル

スキル名 効果 CT

使い魔(鳩)
自身のNPを増やす+敵全体の弱体耐性をダウン(1T) 7T

二重召喚
自身のNP獲得量をアップ(3T)&〔キャスター〕クラスに対する相性不利を打ち消す状態を付与(3T) 7T

驕慢王の美酒
<スターが8個以上ある場合のみ使用可能>敵全体に毒状態を付与(3T)&Busterカード耐性をダウン(3T)+スターを8個減らす【デメリット】 8T

スキル1『使い魔(鳩)D』(CT:7→5)

自身のNPを増やす
Lv.1
20
Lv.2
21
Lv.3
22
Lv.4
23
Lv.5
24
Lv.6
25
Lv.7
26
Lv.8
27
Lv.9
28
Lv.10
30
敵全体の弱体耐性をダウン(1T)
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
"敵全体の弱体耐性をダウン"は、後述する《驕慢王の美酒》のBuster耐性ダウンを確実に付与するために使用したいので、NPチャージのために安易に使うのは控えたいところ。

ただし、Lv.10ならCTが5Tになり、戦闘開幕時に使用→3waveで再使用という流れも可能になるので、NP増加量、弱体耐性ダウンの倍率を上げる意味でもスキルレベル上げの優先度は高め

スキル2『二重召喚B』(CT:7→5)

自身のNP獲得量をアップ(3T)
Lv.1
20
Lv.2
22
Lv.3
24
Lv.4
26
Lv.5
28
Lv.6
30
Lv.7
32
Lv.8
34
Lv.9
36
Lv.10
40
自身に〔キャスター〕クラスに対する相性不利を打ち消す状態を付与(3T)
Lv.1
Lv.2
Lv.3
Lv.4
Lv.5
Lv.6
Lv.7
Lv.8
Lv.9
Lv.10
Arts3枚の構成や《使い魔(鳩)》のNPチャージにより高めのNP効率をさらに高める効果ですが、特筆すべきは〔キャスター〕クラスの相性不利を打ち消す効果。
この効果により、効果持続中はキャスターに対して受けるダメージ・与えるダメージが等倍になるので、術・騎の混成クエストなどにも危なげなく投入することができます。

ただし、「ネロ(キャスター)」のように全ての被ダメージを等倍にするわけではなく、キャスター以外の、バーサーカーやアルターエゴといった被ダメージ1.5倍はそのままなので注意。

スキル3『驕慢王の美酒B+』(CT:8→6)

<スターが8個以上ある場合のみ使用可能>スターを8個減らす【デメリット】
Lv.1
Lv.2
Lv.3
Lv.4
Lv.5
Lv.6
Lv.7
Lv.8
Lv.9
Lv.10
敵全体に毒状態を付与(3T)
Lv.1
500
Lv.2
550
Lv.3
600
Lv.4
650
Lv.5
700
Lv.6
750
Lv.7
800
Lv.8
850
Lv.9
900
Lv.10
1000
敵全体にBusterカード耐性をダウン(3T)
Lv.1
30
Lv.2
32
Lv.3
34
Lv.4
36
Lv.5
38
Lv.6
40
Lv.7
42
Lv.8
44
Lv.9
46
Lv.10
50
スターを8個消費するデメリットがあるものの、敵全体に最大でBuster耐性ダウン50%を付与する強力なデバフ。
このデバフが付与された状態は、《魔力放出》を3ターン連続で味方全体に付与した状態と同じと破格のバフ効果。

敵に付与するため弱体解除や弱体無効には滅法弱く、付与した対象が退場した場合(waveを跨ぐなども)は効果が途切れてしまいます。
しかし、味方が強化無効状態になっていたり、敵が強化解除を乱発するクエストでは安定した火力上昇手段になります。
■スターのデメリットは自前で用意できる
強力なデバフ効果ゆえに、スターを8個消費するデメリットがあるものの、セミラミスのQuickを3番目におけばその分を用意できますし、同時に編成することが多くなるであろうアサシンはスター生成に長けたクラスなので、任意のタイミングで使用できないということは少なめ
▲3rdQuickでスター8個
戦闘開幕時に使用したい場合は、登場時にスターを獲得する礼装「ゴールデン捕鯉魚図」や、瞬時にスターを獲得するスキル《直感》などを用いて、発動分のスターを用意しましょう。
■毒ダメージはガッツ蘇生に有効
最大で1,000ダメージになる〔毒〕は、ガッツなど低いHPで回復した敵の止めとして有効。
とは言え、基本的にはBuster耐性ダウンをメインに使用し、毒はおまけと見做すのが良いでしょう。

スキルの強化順

《使い魔(鳩)D》をLv.6まで上げてNPチャージ量を25%にしましょう。「虚数魔術(最大解放)」で即宝具を展開できるようになるので周回にも役立ちます。

次は味方全体の強力な火力支援になる《驕慢王の美酒》を上げましょう。
自身の控えめな宝具火力も上がるため一石二鳥です。CTが減少するLv.6を一旦目指すのがおすすめ。

《二重召喚》も優秀なのでレベルを上げておきたいですが、他のスキルのほうが優先度が高いので、余裕がなければ後回しで良いでしょう。とは言え、CT減少でキャスターの脅威に晒される期間が短くなり、宝具の回転率が高くなることで防バフも付与できるようになるので、結果的に耐久性が向上します。

クラススキル


気配遮断C+
自身のスター発生率を少しアップ[6.5%]

陣地作成EX
自身のArtsカードの性能をアップ[12%]

道具作成C
自身の弱体付与成功率を少しアップ[6%]

神性C
自身に与ダメージプラス状態を付与[150]

セミラミスの強い点と弱い点

強い点

・Arts3枚構成で1stボーナス始点やAチェインに組みやすい。
・敵全体に攻撃しながら味方全体に防バフを付与できる。
・味方全体の火力支援に繋がるBデバフが強力。
・対術戦でも被ダメを気にせずに戦える。

弱い点

・デメリット付きスキルを使用する場合はPT編成が固定しがち。
・自前ではBデバフの恩恵がほぼ宝具専用になる。

セミラミスと相性が良い概念礼装

セミラミスに合う概念礼装のポイント

《驕慢王の美酒》を無理なく使用できるように、スターを確実に獲得する手段を持つサーヴァントがおすすめ。
そして、強力なBuster耐性ダウンを活かすために、Buster重視のアタッカーと組ませると良いでしょう。
概念礼装 おすすめ理由
ショコラティエ
・3枚のA強化に加えて、毎ターンのスター獲得で《驕慢王の美酒》を使用しやすく。
バトル・オリンピア
・宝具を含む全体の5/6を強化可能。
スイート・デイズ
・宝具を含む全体の5/6を強化可能。
さらに毎ターンスターを獲得する。
・宝具を早く展開したい場合は「バトル・オリンピア」、そうでないなら「スイート・デイズ」がおすすめ。
ホワイト・クルージング
・宝具を含む全体の5/6を強化可能。
・NP獲得量も向上するので防バフを付与しやすくなる。
ゴールデン捕鯉魚図
・戦闘開幕時に《驕慢王の美酒》を使用する分を自前で用意するのなら。
オペレーション・フィオナ
・「ゴールデン捕鯉魚図」と同理由。
・B性能もアップするので宝具威力向上に貢献。
2030年の欠片
・どんなタイミングでも確実に《驕慢王の美酒》を使用できる。

セミラミスと相性が良いサーヴァント

セミラミスに合うサーヴァントのポイント

《驕慢王の美酒》を無理なく使用できるように、スターを確実に獲得する手段を持つサーヴァントがおすすめ。
そして、強力なBuster耐性ダウンを活かすために、Buster重視のアタッカーと組ませると良いでしょう。
サーヴァント おすすめ理由
天草四郎
・毎ターンのスター獲得で《驕慢王の美酒》を無理なく使用できる。
B全体宝具なので、B耐性ダウンのデバフと相性が良い。
キングハサン
・宝具を含めてB4枚のアサシン。
・Aが1枚しかないので、セミラミスのAを1stに配置してNPを稼げる。
クレオパトラ
・宝具を含めてB3枚のアサシン。
・星出しが得意、且つ瞬時獲得スキルを持つため、《驕慢王の美酒》の使用を支援。
メカエリ
・騎・術・殺の混成クエストで活躍するB4枚持ちアタッカー。
・毎ターンのスター獲得で《驕慢王の美酒》を支援。
・防バフ解除スキルがあるので、宝具の防バフタイミングに注意。
カーミラ
・毎ターンのスター獲得スキル持ち。
・セミラミスと同じくB2枚なので、デバフの恩恵は最小限。
ドレイク
・瞬時の星獲得スキルや、宝具で大量に獲得可能。
・B全体宝具なのでデバフの恩恵は受けやすい。
・術・騎の混成クエストに。

セミラミスの運用ポイント

Busterデバフをメインとした火力支援に

3ターン持続するBuster耐性ダウンが強力なので、これを活かさない手はありません。

セミラミスの宝具はBuster全体攻撃宝具ですが、基本カードはBuster1枚と恩恵を満足に受けられるとは言えないので、Buster重視のサーヴァントと組んで、火力支援役として用いるのがおすすめです。

多めのArtsを使って1stボーナスやチェインに組み込む

セミラミスの特徴として、アサシンでは初のArts3枚構成が挙げられます。

アサシンやBuster重視のサーヴァントは、Artsが少なめの構成が多いので、それらのサーヴァントがNPを稼ぐ時の1stボーナス始点としてセミラミスのArtsを活用するのが良いでしょう。

宝具の防御力アップを活かして耐久戦に

味方全体に防御力アップを付与できるサーヴァントは希少で、さらに宝具で攻撃しつつ、ばらまけるのはセミラミス以外に「ギルガメッシュ(キャスター)」のみ。

Arts3枚ゆえに他の耐久戦向けサポーターとの相性も良いので、防御バフもばらまけるアタッカーとして重宝します。

高回転率の宝具を活かしてメインアタッカーに

Buster耐性ダウン以外に火力を手段を持たず、さらにアサシン補正ゆえに通常火力が低めなのでメインアタッカー適正は低め
ただし、宝具の回転率が高く、Buster耐性がダウンしている3ターンに再度宝具を展開することも現実的なので、低い火力面を宝具の連発でカバーできます。

宝具には宝具威力アップとBuster耐性ダウン(=Buster性能アップ)が付与される状態になるので、攻撃力アップを付与するとさらに火力を向上可能。
悪、女性、神性と二重攻撃力アップが掛かる特性を持っているので、敵クラスに合わせて攻撃力アップを付与できるサーヴァントと一緒に組み合わせましょう。

従来のアサシン編成には組み込みにくい

Quickチェインをメインにクリティカルで回していく、ポピュラーなアサシン戦略とはセミラミスのArtsが3枚なこともあって噛み合いません

セミラミスを加えてアサシンで固める場合は、クリティカルよりも宝具をメインに戦う戦略に切り替えるほうが良いでしょう。

弱体耐性ダウンでデバフを確定に

スキルで敵全体に弱体耐性ダウンを付与できるのは、セミラミスを除けば「風魔小太郎」のみ。
50%も耐性をダウンさせれば、大抵の確率付与デバフは確定付与に変わるため、デバフ付与を安定して戦略に組み込めます。

敵の一撃がとても重く攻撃自体を止めたい時には、魅了やスタンを確定付与に近づける弱体耐性ダウンがとても重宝することでしょう。

セミラミスの総合評価・まとめ

味方全体に火力や耐久支援をしつつ、攻撃も行うサブアタッカー的な運用が可能なサーヴァント。
Artsをメインに戦う、アサシンなのにキャスター的な動きが求められるトリッキーな性能ですが、支援役としては最適な構成になっており、味方の宝具展開を促進させます。

また、キャスターに対する相性不利を打ち消す効果により、対騎・術の混成クエストでも投入可能と活躍の幅は広め。
ただし、アサシン且つ〔王〕特性を持つので「不夜城のキャスター」は天敵。彼女が出現するクエストには投入しないようにしましょう。

敵として登場した際は最優先討伐対象に

セミラミスが敵として出現する場合は、

・チャージが3と短いのにNPチャージスキルを2つ持つ。
・固定毒ダメージを味方全体に付与。
・キャスターとの相性を打ち消す。

厄介な存在になります。
強化解除と弱体解除が攻略の鍵を握りそうなので、「メディア」や「メディア〔リリィ〕」など、強化解除と弱体解除が可能なキャスターを育てておくと良いでしょう。

FGO攻略Wikiおすすめ記事リンク


攻略TOP

最新イベント情報

最新ガチャ情報

リセマラランキング

素材効率一覧

マスターミッション効率

メインクエスト一覧

フリークエスト一覧

フレンド募集
©TYPE-MOON / FGO PROJECT
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント 13

読み込み中です

    最新イベント情報

    神秘の国のONILAND

    ランキング情報

    マスターミッション情報

    効率クエスト情報

    編集部ガチャ結果

    FGO初心者向け情報

    序盤の進め方関連
    バトルの基本・応用
    強化育成関連

    FGOサーヴァント一覧

    FGO概念礼装一覧

    魔術礼装一覧

    FGOストーリー攻略記事

    第1部攻略
    第1.5部攻略
    第2部攻略

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。